≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

プロジェクトアームズ
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

プロジェクトアームズ 目次

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・ペナルティ等)

筺体・リール配列

ボーナス出現率・機械割

通常時の打ち方・通常時の小役確率

ボーナスについて・ボーナス中の打ち方

通常時の状態について

ART前兆演出「トランスモード」について

ART自力チャンスゾーン①「共振モード」について

ART自力チャンスゾーン②「アームズチャレンジ」について

ART「アームズラッシュ」について

通常時のART抽選

天井について

小役とボーナスとの重複当選

主な設定差・立ち回り一言アドバイス

 

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・ペナルティ等)

【基本情報】
●メーカー:ニューギン
●5号機
●SFアクションマンガ「プロジェクトアームズ」とのタイアップ機
●オーソドックスなボーナス+ART機
●天井機能搭載

【機種タイプ】
ARTメインでコインを増やすタイプ。

【技術介入要素】
ほとんど無し。
通常時とART中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。

【ペナルティ】
●通常時
変則押しをするとペナルティが発生する場合がある。
押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。

●ART中
押し順ナビに逆らうとペナルティが発生する場合がある。

【1000円あたりの回転数】
約33G

【ボーナスでの純増枚数】
●BIG : 約204枚
●REG : 約60枚

【ARTの概要】
●継続率方式+ゲーム数上乗せ方式
●1セット : 30G~300G
●ART中の純増 : 1Gあたり約1.5枚

【ヤメ時】
●通常時
レア小役成立後は、高確移行やART当選を考慮して30Gほど回してからヤメる。

●ART後
引き戻しの可能性があるため、32G回してからヤメる。

【天井】
ボーナス後1200G消化で天井到達となり、前兆を経由してから「90%継続のART」へ突入する。

【設定変更時】
天井到達までのゲーム数がクリアされる。

 

筺体・リール配列 - [プロジェクトアームズ]

 

筺体 リール配列

(C)皆川亮二・七月鏡一/小学館・TMS
(C)NEWGIN

 

ボーナス出現率・機械割 - [プロジェクトアームズ]

●BIG
設定1 : 1/442.8
設定2 : 1/442.8
設定3 : 1/442.8
設定4 : 1/439.8
設定5 : 1/439.8
設定6 : 1/439.8

●REG
設定1 : 1/565.0
設定2 : 1/555.4
設定3 : 1/520.2
設定4 : 1/504.1
設定5 : 1/489.1
設定6 : 1/474.9

●ボーナス合成
設定1 : 1/248.2
設定2 : 1/246.4
設定3 : 1/239.2
設定4 : 1/234.9
設定5 : 1/231.6
設定6 : 1/228.3

●ART初当たり
設定1 : 1/688
設定2 : 1/637
設定3 : 1/635
設定4 : 1/576
設定5 : 1/562
設定6 : 1/451

●機械割
設定1 : 96.6%
設定2 : 99.5%
設定3 : 100.3%
設定4 : 104.2%
設定5 : 109.8%
設定6 : 116.6%

 

通常時の打ち方・通常時の小役確率 - [プロジェクトアームズ]

【通常時の打ち方】
まず、左リール枠上 or 上段に赤7を狙う。
以降は、左リールの停止形により打ち分ける。

==左リール中段にチェリーが停止した場合==
中段チェリー確定。
中・右リールともに適当打ちでOK。

==左リール下段にチェリーが停止した場合==
弱チェリー or 強チェリー。
中リール適当打ち後、右リールにいずれかの7絵柄を狙い、3連チェリーになれば強チェリー、それ以外なら弱チェリー。

==左リール上段スイカが停止した場合==
スイカ or 共通ベル or 強チャンス目。
右リール適当打ち後、中リールにいずれかの7絵柄を狙う。
スイカが揃えばスイカ、中段にベルが揃えば共通ベル、スイカがハズれれば強チャンス目。

==左リール下段に赤7が停止した場合==
中・右リールともに適当打ちでOK。
中段に「リプレイ・ベル・ベル」が停止すれば弱チャンス目。

※ペナルティについて※
通常時に変則押しをするとペナルティが発生する場合がある。
押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。

 


 

【通常時のレア小役確率】
●共通ベル : 1/257~1/200
※中段ベル揃い

●スイカ : 1/78~1/76

●弱チェリー : 1/92

●強チェリー : 1/256

●中段チェリー : 1/7282

●弱チャンス目 : 1/177

●強チャンス目 : 1/273

 

ボーナスについて・ボーナス中の打ち方 - [プロジェクトアームズ]

【ボーナスについて】
●BIG
赤7揃い、青7揃い。
払い出し枚数が297枚を超えると終了、純増枚数は約204枚。

●REG
「赤7・赤7・青7」揃い、「青7・青7・赤7」揃い。
払い出し枚数が81枚を超えると終了、純増枚数は約60枚。

 


 

【ボーナス中の打ち方】
適当打ちでOK。
カットイン発生時は、逆押しで各リールにBARを狙う。(揃えばART確定)

 

通常時の状態について - [プロジェクトアームズ]

プロジェクトアームズの通常時には、「低確」・「高確」・「超高確」の3つの状態が存在する。
滞在状態によって、ART当選期待度が異なる。

液晶ステージが夜になれば、高確以上の期待が持てる。

 

ART前兆演出「トランスモード」について - [プロジェクトアームズ]

プロジェクトアームズには、「トランスモード」と呼ばれるART前兆演出が存在する。
通常時のレア小役成立時のART抽選に当選した場合は、多くがこの演出を経由してからの当選告知となる。

 

ART自力チャンスゾーン①「共振モード」について - [プロジェクトアームズ]

プロジェクトアームズには、「共振モード」と呼ばれるART自力チャンスゾーンが存在する。
通常時に約1/570で共振モード突入抽選が行われており、これに当選すると共振モード突入となる。

 


 

【共振モードの継続ゲーム数】
継続ゲーム数は10G or 20G。
この振り分けには大きな設定差があるので要注目。

●10G
設定1 : 89.6%
設定2 : 87.4%
設定3 : 83.9%
設定4 : 68.2%
設定5 : 59.5%
設定6 : 49.7%

●20G
設定1 : 10.4%
設定2 : 12.6%
設定3 : 16.1%
設定4 : 31.8%
設定5 : 40.5%
設定6 : 50.3%

 


 

【共振モード中のART抽選】
共振モード中は、ハズレを含む全役にてART抽選が行われる。
高設定ほど当選率が高くなる。

なお、ボーナス成立ならART当選確定。

 


 

【共振モード中のアームズチャレンジ抽選】
共振モード中は、約1/50でアームズチャレンジ突入抽選が行われている。

 

ART自力チャンスゾーン②「アームズチャレンジ」について - [プロジェクトアームズ]

プロジェクトアームズには、「アームズチャレンジ」と呼ばれるART自力チャンスゾーンが存在する。

通常時は約1/500、共振モード中は約1/50で、アームズチャレンジ突入抽選が行なわれている。
中段「ベル・ベル・リプレイ」揃い出現でアームズチャレンジ突入確定。

アームズチャレンジは最長5G継続し、消化中にアームズ絵柄揃いが成立すればART確定。

 

ART「アームズラッシュ」について - [プロジェクトアームズ]

プロジェクトアームズには、「アームズラッシュ」と呼ばれるART機能が搭載されている。

 


 

【ART当選契機】
●ボーナス中のART抽選に当選

●自力チャンスゾーン「共振モード」中のART抽選に当選

●自力チャンスゾーン「アームズチャレンジ」成功

●通常時のレア小役成立時のART抽選に当選

 


 

【ARTの基本仕様】
ARTは1セット30G~300G継続。
継続率方式+ゲーム数上乗せ方式となっている。

継続率は、50% or 68% or 88% or 90%。
ただし90%が選択されるのは、天井到達時のみ。

 


 

【ART中のレア小役成立時】
ART中のレア小役成立時には、「ARTゲーム数上乗せ抽選」と「上乗せ特化ゾーンへの移行抽選」が行なわれる。

 


 

【上乗せ特化ゾーン「アームズラッシュエボリューション」】
アームズラッシュエボリューションへ突入すると、「Wインパクト」or「咆哮アタック」といういずれかの上乗せゾーンへの突入が確定する。
ART中のレア小役成立の一部から、アームズラッシュエボリューションへ移行する。

●Wインパクト
リール順回転から突入する上乗せゾーン。
毎ゲームの6択の押し順のうち、第1停止(つまり3択)を正解することができれば「ゲーム数上乗せ&継続」が確定する。
残りの2択にも正解すれば、大量のゲーム数上乗せが期待できる。

●咆哮アタック
リール逆回転から突入する上乗せゾーン。
0G連でゲーム数上乗せが発生し続ける。
継続率は最大で90%。

 


 

【ART引き戻し抽選】
ART終了後は、3%~25%で引き戻し抽選が行われる。
高設定ほど引き戻し確率が高くなる。

 


 

【ART中の打ち方】
押し順ナビ発生時はそれに従って消化。
演出発生時は、通常時と同じ打ち方でスイカとチェリーをフォロー。
その他の場合は適当打ちでOK。

 


 

【ART中の純増】
ART中は、1Gあたり約1.5枚のペースでコインが増加していく。

 

通常時のART抽選 - [プロジェクトアームズ]

通常時の特定役成立時には、ART抽選が行なわれている。

成立役や滞在状態によって、ART当選率が異なる。
また、リールロックを伴った場合は、ART当選期待度がアップする。

ART当選後は、最大32Gの前兆を経由してからART準備状態へ移行する。

※ワンポイント※
●「中段チェリー」は、ボーナス非重複ならばその時点でART当選確定。(ボーナス当選時は1/5でART当選)

●「強チェリー」と「弱チャンス目」からのART当選率には強烈な設定差が存在。

●超高確滞在時は、レア小役成立でART当選確定となる。(ボーナス当選時は1/5でART当選)

 

天井について - [プロジェクトアームズ]

プロジェクトアームズには天井機能が搭載されている。

ボーナス後1200G消化で天井到達となり、前兆を経由してから「90%継続のART」へ突入する。

なお設定変更後は、天井到達までのゲーム数がクリアされる。

 

小役とボーナスとの重複当選 - [プロジェクトアームズ]

プロジェクトアームズには、小役とボーナスとの重複当選機能が搭載されている。
各小役の重複当選期待度は以下の通り。

●共通ベル
設定1 : —
設定2 : —
設定3 : —
設定4 : 0.3%
設定5 : 0.3%
設定6 : 0.3%

●スイカ
設定1 : 2.6%
設定2 : 2.8%
設定3 : 3.8%
設定4 : 4.2%
設定5 : 4.7%
設定6 : 5.1%

●弱チェリー
全設定共通 : 0.6%

●強チェリー
全設定共通 : 33.6%

●中段チェリー
全設定共通 : 66.7%

●弱チャンス目
全設定共通 : 11.9%

●強チャンス目
全設定共通 : 40.8%

 

主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [プロジェクトアームズ]

【最大の判別要素はART引き戻し率】
ART終了後は引き戻し抽選が行われるのだが、この引き戻し率に大きな設定差あり。

引き戻し率は3%~25%で、高設定ほど引き戻し確率が高くなる。
4~5回に1回くらいのペースで引き戻すような台があれば粘り倒すべき。

 


 

【共振モードの継続ゲーム数】
共振モードの継続ゲーム数は10G or 20Gだが、この振り分けにも大きな設定差が存在する。

●10G
設定1 : 89.6%
設定2 : 87.4%
設定3 : 83.9%
設定4 : 68.2%
設定5 : 59.5%
設定6 : 49.7%

●20G
設定1 : 10.4%
設定2 : 12.6%
設定3 : 16.1%
設定4 : 31.8%
設定5 : 40.5%
設定6 : 50.3%

設定6ならば、約半分が20G継続となる。

 


 

【共通ベル確率】
共通ベルの出現率は1/257~1/200で、高設定ほど優遇されている。

共通ベルは中段ベル揃いの形で停止するので、通常時・ART中ともに中段ベルの出現回数をしっかりカウントしていこう。
1/210よりも良い確率で出現するようならば高設定の可能性が高まる。

 


 

【共通ベル+ボーナスならば設定4以上確定】
以下の通り、共通ベル+ボーナスは設定4以上でなければ出現しない。

●共通ベル
設定1 : —
設定2 : —
設定3 : —
設定4 : 0.3%
設定5 : 0.3%
設定6 : 0.3%

確率分母が大きくなるため、この要素で判別できる機会は少ないと思われるが、一応覚えておいて損はない。