≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

煩悩BREAKER禅
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

 

煩悩BREAKER禅 目次

 

 


▼ ホール側がどう考えているか ▼


■ ホール側の扱い方や反応/稼働状況/粗利

 

 

 

 

機種概要

■導入日 : 2015年8月3日
■メーカー : 山佐

筺体 リール配列

(C)YAMASA

 


 

ゲーム数や枚数などの上乗せは一切なく、「1Gあたり純増3枚の疑似ボーナスのループ」だけで出玉を増やすというシンプルなゲーム性となっている、山佐のオリジナル機種「煩悩BREAKER禅」。
疑似ボーナスストックによる1G連はあるものの、基本的に出玉の行方は「約80%のループ」にかかっている。

全体的には、初当たりさえ取れればそこからは無限の可能性が広がる仕様。
が、その爆発力ゆえ、初当たり獲得までの道が他機種と比べると厳しそうに思える。
しかし、鉄拳デビルのような荒い機種を好む打ち手にとってはたまらないだろう。

通常時は、まず「BIG」か「REG」の当選を目指す。
どちらも疑似ボーナスで、基本的にはここから伸ばしていくことになる。
当選契機のメインは自力チャンスゾーン。

そして疑似ボーナス後は、疑似ボーナスの超高確率ゾーンである「煩悩バッシュ」への突入に期待。
煩悩バッシュまでたどり着けば、大量出玉にリーチがかかったと言ってもよいだろう。

ここからは、超高確率ゾーン「煩悩バッシュ」と疑似ボーナス「極楽ボーナス」とのめくるめく連鎖を楽しむだけ。
約80%という高ループに酔いしれよう。
・・・まあ、運が悪ければサクっと終わってしまう事も充分ありえるのだが。

そして目玉となるのは、「転生アルティメット」。
0G連で赤7が揃いまくり、そして揃うたびに極楽ボーナスがストックされていく。
これまた約80%という高い確率で0G連が継続するため、極楽ボーナスの大量ストックが期待できる。
一度の転生アルティメットでの期待値は、なんと約2,500枚!
もし引けるようなことがあれば、焼肉屋の予約はマストだ。

目次へ戻る

 

天井/設定変更/ヤメ時/ペナルティ - [煩悩BREAKER禅]

【天井】
疑似ボーナス後999G消化で天井到達となり、疑似ボーナス当選が確定する。

 


 

【天井の恩恵】
天井での疑似ボーナスは、必ずBIGとなる。

 


 

【設定変更時】
天井到達までのゲーム数がクリアされる。

 


 

【ヤメ時】
●疑似ボーナス後
前兆の有無を確認し、前兆演出が無いようならば即ヤメでOK。

●自力チャンスゾーン後
自力チャンスゾーンのループがないことを確認したら即ヤメでOK。

 


 

【ペナルティ】
●通常時
変則押しをするとペナルティが発生する場合がある。
押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。

●疑似ボーナス中
押し順ナビに逆らうとペナルティが発生する場合がある。

目次へ戻る

 

ボーナス出現率/機械割 - [煩悩BREAKER禅]

 

ボーナス出現率
●疑似ボーナス合成
設定1 : 1/271
設定2 : 1/267
設定3 : 1/261
設定4 : 1/250
設定5 : 1/231
設定6 : 1/211

 

 


 

 

機械割
設定1 : 97.2%
設定2 : 98.9%
設定3 : 100.1%
設定4 : 103.0%
設定5 : 107.2%
設定6 : 112.0%

目次へ戻る

 

通常時の打ち方/疑似ボーナス中の打ち方 - [煩悩BREAKER禅]

【通常時の打ち方】
まず、左リール枠内に「赤7・チェリー・赤7」を狙う。
以降は、左リールの停止形により打ち分ける。

==左リール中段にチェリーが停止した場合==
極楽目。
中・右リールともに適当打ちでOK。

==左リール下段にチェリーが停止した場合==
チェリー or チャンス目。
中リール適当打ち後、右リールには禅絵柄(顔の絵柄)を狙う。
右リールに禅絵柄が停止すればチャンス目。

==左リール上段にスイカが停止した場合==
スイカ or チャンス目。
中リールに青7を狙い、右リールには禅絵柄を狙う。
スイカがハズれて右リールに禅絵柄が停止すればチャンス目。

==左リール下段に赤7が停止した場合==
中・右リールともに適当打ちでOK。
中段に「リプレイ・煩リプレイ・リプレイ」が揃えば煩悩リプレイ。

 


 

【疑似ボーナス中の打ち方】
押し順ナビ発生時はそれに従って消化。
演出発生時は、通常時と同じ打ち方でチェリーとスイカをフォロー。
その他の場合は全リール適当打ちでOK。

※ペナルティについて※
押し順ナビに逆らうとペナルティが発生する場合がある。

目次へ戻る

 

ホール側の扱い方や反応/稼働状況/粗利 - [煩悩BREAKER禅]

 

■担当者 :
業界ライター『花火』

※2015/8/2更新※

正直この機種に関しては、機械の評価うんぬんというより、「旧内規のATで値段もお手頃だから」という感じで、ちょっとつまんでみたというホールがほとんど。

2015年8月のスロットの販売状況はどの機種も似たような感じだが、その中でも山佐が一番苦戦した模様。
山佐は、この煩悩BREAKERを売っている最中に押し順ケロルンでやらかしてしまったということがあり、ホール側の心証が良くなかった所も多かった。

前評判を覆す稼働を期待している。

 


 

※2015/8/23更新※

一言で言うと、「山佐らしいAT機」という感じ。

具体的には、、、

●最深天井は浅め
●ATに入ると平均で400枚ぐらい獲得出来る
●基本的に天井以外はCZ経由

・・・といったところ。

外見は違えど、ゴットイーターや鉄拳といったあたりと中身がほとんど一緒。
しかし、中身が一緒でも外見が違うとこれだけ稼働も変わってくるので、コンテンツはやはり大事なのだなと痛感させられた機種でもある。

個人的には、8月一杯ぐらいまでの機種だと思っている。
これを打つのならば、皆ゴットイーターを打つのではないだろうか。

目次へ戻る

 

通常時の液晶ステージ - [煩悩BREAKER禅]

通常時に滞在する液晶ステージによって、自力チャンスゾーンや疑似ボーナスへの期待度が異なる。

●鳥居峠ステージ(夕方背景)
自力チャンスゾーン「廻想の章」への突入が期待できる。

●神域ステージ
自力チャンスゾーン「廻想の章」 or 疑似ボーナスへの突入が期待できる。

●菩提樹ステージ
最もアツいステージで、疑似ボーナスへの突入が大いに期待できる。

目次へ戻る

 

自力チャンスゾーン「廻想の章」 - [煩悩BREAKER禅]

煩悩BREAKER禅には、「廻想の章」という14G継続の自力チャンスゾーンが搭載されている。
疑似ボーナス当選期待度は約50%。

消化中は、各キャラクターの過去を辿るエピソードが展開される。
そしてそのエピソード中は、「煩悩リプレイ」を引くほど疑似ボーナス当選期待度が高まる。

●自力チャンスゾーン突入率
設定1 : 1/145
設定2 : 1/143
設定3 : 1/140
設定4 : 1/134
設定5 : 1/123
設定6 : 1/114

 


 

【通常時の自力チャンスゾーン抽選】
通常時のレア小役成立時には、自力チャンスゾーン抽選が行われている。
各小役成立時の自力チャンスゾーン当選期待度は以下の通り。

ハズレ/リプレイ  共通ベル  弱チェリー  スイカ  チャンス目  第一停止で喝発生  第二停止で喝発生  第三停止で喝発生

目次へ戻る

 

疑似ボーナス概要 - [煩悩BREAKER禅]

【BIG】
青7揃い。
疑似ボーナスなので、中身はAT。
平均獲得枚数は約200枚。

 


 

【REG】
「青7・青7・赤7」揃い。
疑似ボーナスなので、中身はAT。
平均獲得枚数は約50枚。

 


 

【疑似ボーナス中の煩悩バッシュ抽選】
疑似ボーナス消化中は、レア小役を引くほど「煩悩バッシュ」への突入期待度が高くなる。
一度の疑似ボーナスでの煩悩バッシュ突入期待度は平均で約70%。(BIG・REG共通)

なおBIG中は、消化中の液晶ステージによって煩悩バッシュへの突入期待度をある程度判別できる。
液晶による期待度については以下の通り。

地獄道  餓鬼道  畜生道  修羅道  人間道  天道

 


 

【疑似ボーナス当選契機】
●自力チャンスゾーン成功
●通常時のレア小役成立時の疑似ボーナス抽選に当選

 


 

【REGからBIGへの昇格】
REGからBIGへ昇格する際は、押し順ベル成立時に告知が発生する。

何回目の押し順ベルで告知が発生するかは、設定差が存在する。
偶数設定の場合は、奇数回数の押し順ベル成立時に告知が発生しやすく、奇数設定はその逆となる。

なお、9回目の押し順ベル時に昇格の告知が発生すれば、その時点で設定4以上が確定する。

目次へ戻る

 

疑似ボーナス超高確率ゾーン「煩悩バッシュ」 - [煩悩BREAKER禅]

煩悩バッシュとは、疑似ボーナスである「極楽ボーナス」への突入期待度約70%を誇る超高確率ゾーン。
煩悩バッシュへは、主にBIG or REGから突入する。

1セット20G継続で、消化中に極楽ボーナスに当選すれば、再度残り20Gからスタートする。

目次へ戻る

 

極楽ボーナス - [煩悩BREAKER禅]

【極楽ボーナス当選契機】
●煩悩バッシュ中の極楽ボーナス抽選に当選

●通常時のレア小役成立時の極楽ボーナス抽選に当選

●転生アルティメット当選

 


 

【極楽ボーナス概要】
●極楽BIG
赤7シングル揃い。
獲得枚数約200枚の疑似ボーナス。

●極楽REG
「赤7・赤7・青7」揃い。
獲得枚数約50枚の疑似ボーナス。

●極楽BIG悟
赤7ダブル揃い。
獲得枚数約200枚の疑似ボーナス。
極楽BIG1個以上のストックが確定。

 


 

【1G連抽選】
極楽ボーナス消化中は、1G連ストック抽選が行われる。
1G連に当選すると、極楽ボーナス終了後に即放出される。

 


 

【極楽REGから極楽BIGへの昇格】
極楽REGから極楽BIGへ昇格する際は、押し順ベル成立時に告知が発生する。

何回目の押し順ベルで告知が発生するかは、設定差が存在する。
偶数設定の場合は、奇数回数の押し順ベル成立時に告知が発生しやすく、奇数設定はその逆となる。

なお、9回目の押し順ベル時に昇格の告知が発生すれば、その時点で設定4以上が確定する。

 


 

【極楽ボーナス終了後】
極楽ボーナス終了後は、必ず煩悩バッシュへ移行する。
この「煩悩バッシュ⇒極楽ボーナス⇒煩悩バッシュ⇒極楽ボーナス⇒煩悩バッシュ・・・・・・」の連鎖でコインを増やしていく。
極楽ボーナス中の1G連ストックも含めると、そのループ率は約80%となる。

目次へ戻る

 

大爆発のトリガー「転生アルティメット」 - [煩悩BREAKER禅]

転生アルティメットとは、0G連で極楽ボーナスがストックされていくプレミア契機。
赤7が成立するたびに極楽ボーナスストックとなる。
継続率は約80%。

疑似ボーナスの最終ゲームでフリーズが発生すれば、転生アルティメット突入確定。

一度の転生アルティメットの期待値は約2,500枚!

目次へ戻る

 

天井狙い/ゾーン狙いの立ち回り - [煩悩BREAKER禅]

 

■担当者 :
攻略ライター『二見りょう』

【天井狙い】
天井到達時の恩恵が「BIG確定のみ」と弱め。
天井狙いのボーダーとして、550Gは欲しいところ。
強気に攻めるなら500Gから打つのもあり。

ヤメ時は、前兆確認後でオッケー。
CZを経由した場合は、CZループの有無を確認後にヤメ。

 


 

【ゾーン狙い】
天国モードの移行率が低いこと、通常Bモードの天井スルー時はそのまま天井狙いになることから、ゾーン狙いを出来るポイントが無い。

目次へ戻る

 

設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い - [煩悩BREAKER禅]

 

■担当者 :
攻略ライター『二見りょう』

【重要設定看破要素】
●CZ当選率
●疑似ボーナス初当たり確率

~~~~~~~~~~~~~~

●CZ当選率(約1/145~約1/114)
トータルで見るとそこまで大きな差とは言えないが、現時点では重要な看破要素となるので必ずチェックしておくこと。
チェリー、スイカからの当選に設定差が設けられている可能性があるので、この2つの小役からCZに当選した時は気にかけておこう。
ハズレやリプレイにも設定差アリ。

●疑似ボーナス初当たり確率(約1/271~約1/211)
モード移行率、直撃ボーナス当選率にも設定差が設けられている可能性は高い。
全ての当選契機を合算して見ていくこと。

 


 

【押さえておきたいポイント】
●朝一CZキャラ選択率
●謎CZ出現率

~~~~~~~~~~~~~~

●朝一CZキャラ選択率
朝一のCZのキャラクター選択率に設定差が存在。
設定変更時はもちろん、電源オン・オフ時でも適用される。
つまり、24時間電源つけっぱなしという特異なホールでもない限り、朝一は必ず活用できる要素ということになる。

朝一のCZキャラの振り分けは以下の通り。

≪天音≫
設定1~3 ⇒ 約8%
設定4~5 ⇒ 約20%
設定6 ⇒ 約25%

≪ジョブツ≫
設定1~4 ⇒ 約4%
設定5 ⇒ 約12%
設定6 ⇒ 約25%

上記の通り、朝一のCZにて、高設定示唆のキャラクターである「天音」・「ジョブツ」が選択されれば、無条件で高設定期待度がアップする。
特に「ジョブツ」選択時は高設定の期待大!

●謎CZ出現率(約1/24000~約1/6000)
レア小役を何も引いていないのにCZに当選した場合は、ハズレかリプレイからのCZ当選濃厚。
これが謎CZである。

サンプルは取り難いが、大きな設定差が存在するので意識しておこう。

 


 

【煩悩ブレーカー禅立ち回りまとめ】
高設定狙いで勝負する場合、朝一は何が何でもCZ当選まで打つこと。
「天音」・「ジョブツ」が出現した場合は、しばらく粘ってみるべき。
逆に「天音」・「ジョブツ」が出現しなければ、見切りラインを早めにしていっても良いだろう。

その後は、CZ出現率、疑似ボーナス初当たり出現率を参考に押し引き。
どちらも重要な看破要素となっているが、そこまで大きな差では無いので、細かく内容を見ていくことが重要だ。

CZは当選契機に注目し、設定差のある要素(ハズレ/リプレイ/共通ベル)からの当選が多ければ、高設定期待度が上昇していくイメージ。

疑似ボーナス初当たり出現率は、単にCZの解除がヒキ強で良いのか、それとも直撃や天国モードでの当選、CZの出現率が良好なことにより良いのか、コチラもその内容に注目していこう。

目次へ戻る

 

高設定確定契機 - [煩悩BREAKER禅]

【REG⇒BIGへの昇格告知発生タイミング】
REGからBIGへ昇格する際は、押し順ベル成立時に告知が発生する。
(極楽REG⇒極楽BIGへの昇格も同様)

9回目の押し順ベル時に昇格の告知が発生すれば、その時点で設定4以上が確定する。

目次へ戻る