≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

極楽パロディウスA
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・ペナルティ等)

【基本情報】
●メーカー:KPE
●5号機
●前作「極楽パロディウス」はART機だったが、今作はボーナスのみで出玉を増やすノーマルタイプ

【機種タイプ】
ボーナスのみでコインを増やすノーマルタイプ。

【技術介入要素】
通常時、スイカとチェリーを取りこぼさないようにする。

BIG中に、一度だけ14枚役を獲得する。

【ペナルティ】
ペナルティは無し。

【ボーナスでの純増枚数】
●BIG : 約311枚
●REG : 約91枚

【ヤメ時】
いつヤメてもOK。

【天井】
天井は存在しない。

筺体・リール配列 - [極楽パロディウスA]

 

筺体 リール配列

(C)Konami Digital Entertainment (C)KPE

ボーナス出現率・機械割 - [極楽パロディウスA]

●BIG
設定1 : 1/297.9
設定2 : 1/288.7
設定3 : 1/273.1
設定4 : 1/260.1
設定5 : 1/242.7
設定6 : 1/228.3

●REG
設定1 : 1/397.2
設定2 : 1/385.5
設定3 : 1/358.1
設定4 : 1/336.1
設定5 : 1/315.1
設定6 : 1/296.5

●ボーナス合成
設定1 : 1/170.2
設定2 : 1/165.1
設定3 : 1/154.9
設定4 : 1/146.6
設定5 : 1/137.1
設定6 : 1/129.0

●機械割
設定1 : 97.0%
設定2 : 98.5%
設定3 : 101.6%
設定4 : 103.9%
設定5 : 107.3%
設定6 : 110.8%

通常時の打ち方・通常時の小役確率 - [極楽パロディウスA]

●通常時の打ち方
左リール枠上or上段に黒BARを狙う。
左リールにスイカが出現した場合は、中・右リールにもスイカを狙う。
その他の場合は、中・右リールともに適当打ちでOK。

ボーナスについて・ボーナス中の打ち方 - [極楽パロディウスA]

●ボーナスについて
・BIG
赤7揃い、青7揃い、黄BAR揃い。
払い出し枚数が344枚を超えると終了、純増枚数は最大で311枚。

・REG
「赤7・赤7・黄BAR」揃い。
払い出し枚数が90枚を超えると終了、純増枚数は約91枚。

 


 

●ボーナス中の打ち方
≪BIG中≫
一度だけスイカ(14枚役)を獲得し、あとはすべて15枚で獲得すれば、最大純増となる311枚獲得となる。
スイカ獲得後は、順押し適当打ちでOK。

スイカ獲得手順は2通り。

(手順①)
まず、右リール枠内にスイカを狙う。
次に、中リールに「チェリー・スイカ・チェリー」をビタ押しする。
最後に、左リール枠上or上段に黄BARを狙う。
全ての目押しに成功すれば、スイカが入賞して14枚が払い出され、楽曲が変化する。

(手順②)
まず、右リール枠内にスイカを狙う。
次に、中リール中段or下段に赤7を狙う。
最後に、左リール枠上or上段に黄BARを狙う。
全ての目押しに成功すれば、スイカが入賞して14枚が払い出される。
ただし、楽曲の変化はない。

手順①と②の違いは、楽曲の変化があるかどうか。
特にこだわりがなければ、手順②の方が目押しが楽なのでこちらを実践すべき。

≪REG中≫
適当打ちでOK。

演出用RT(極楽チャンス)について - [極楽パロディウスA]

極楽パロディウスAには、極楽チャンスと呼ばれる演出用RTが搭載されている。
演出用RTへは、チャンスリプレイ(「ベル・ベル・リプレイ」揃い)入賞後に突入する。

演出は、「極上パチンコ」・「極楽シューティング」の2種類。
極楽シューティング選択時の方がボーナス期待度が高い。

主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [極楽パロディウスA]

●ボーナス合成
設定1 : 1/170.2
設定2 : 1/165.1
設定3 : 1/154.9
設定4 : 1/146.6
設定5 : 1/137.1
設定6 : 1/129.0