≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

メガラニカ
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

基本情報 - [メガラニカ]

●メーカー:ウィンネットテクノロジー
●5号機
●メインリールが1ライン
●通常時・ボーナス中ともに適当打ちでOKという初心者向け仕様
●単独ボーナスは存在しない

ボーナス出現率・機械割 - [メガラニカ]

●BIG
設定1 : 1/297.9
設定2 : 1/295.2
設定3 : 1/292.6
設定4 : 1/287.4
設定5 : 1/277.7
設定6 : 1/264.3

●REG
全設定共通 : 1/3276.8

●メガゲーム
設定1 : 1/468.1
設定2 : 1/455.1
設定3 : 1/420.1
設定4 : 1/390.1
設定5 : 1/381.0
設定6 : 1/364.1

●ボーナス合成
設定1 : 1/172.5
設定2 : 1/169.8
設定3 : 1/163.8
設定4 : 1/157.5
設定5 : 1/153.1
設定6 : 1/146.3

●機械割
設定1 : 98.1%
設定2 : 99.1%
設定3 : 100.0%
設定4 : 103.1%
設定5 : 105.5%
設定6 : 109.5%

単独ボーナス成立確率 - [メガラニカ]

単独ボーナスは存在しない。

通常時の打ち方・通常時の小役確率 - [メガラニカ]

●通常時の打ち方
オール適当打ちでOK。

 


 

●通常時の小役確率
・リプレイ : 1/7.3

・13枚役
設定1 : 1/12.0
設定2 : 1/11.8
設定3 : 1/11.6
設定4 : 1/11.4
設定5 : 1/11.1
設定6 : 1/10.7

・特殊リプレイ
設定1 : 1/1040.3
設定2 : 1/1024.0
設定3 : 1/1008.2
設定4 : 1/993.1
設定5 : 1/978.1
設定6 : 1/963.8

ボーナスについて・ボーナス中の打ち方 - [メガラニカ]

●ボーナスについて
・BIG
赤7揃い、BAR揃い。
払い出し枚数が345枚を超えると終了、純増枚数は約336枚。

・REG
「赤7・赤7・BAR」揃い、「BAR・BAR・赤7」揃い。
払い出し枚数が117枚を超えると終了、純増枚数は約100枚。

・メガゲーム①
払い出し枚数が247枚を超えると終了、純増枚数は約200枚。

・メガゲーム②
払い出し枚数が182枚を超えると終了、純増枚数は約150枚。

・メガゲーム③
払い出し枚数が117枚を超えると終了、純増枚数は約100枚。

 


 

●ボーナス中の打ち方
オール適当打ちでOK。
予告音発生時、左リールに赤7をビタ押しすると、音声で祝福してくれる。

小役とボーナスとの重複当選 - [メガラニカ]

メガラニカには、小役とボーナスとの重複当選機能が搭載されている。
各小役での重複当選確率は以下の通り。

●リプレイ
設定1 : 2.3%
設定2 : 2.3%
設定3 : 2.3%
設定4 : 2.4%
設定5 : 2.4%
設定6 : 2.6%

●特殊リプレイ
設定1 : 58.6%
設定2 : 59.3%
設定3 : 60.0%
設定4 : 60.7%
設定5 : 61.3%
設定6 : 61.9%

主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [メガラニカ]

インパクトたっぷりな見た目のメガラニカ。
1リール機で、液晶演出がメインとなっていて、「4連続で奇数テンパイ」「奇数が揃う」などが発生すればボーナス確定という至ってシンプルな仕様。

要は、ゲーム性的には「ほぼパチンコ」だと考えてよい。
通常時・ボーナス中ともに適当打ちでよいため、初心者にはうってつけの台。

注目すべき設定差は「通常時の13枚役」。

・13枚役
設定1 : 1/12.0
設定2 : 1/11.8
設定3 : 1/11.6
設定4 : 1/11.4
設定5 : 1/11.1
設定6 : 1/10.7

上記の通りそこそこの差が存在するため、通常時はしっかりと13枚役をカウントしよう。

この13枚役出現率をメインに、ボーナス合成出現率も併せて判別に活用する。

●ボーナス合成
設定1 : 1/172.5
設定2 : 1/169.8
設定3 : 1/163.8
設定4 : 1/157.5
設定5 : 1/153.1
設定6 : 1/146.3