≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

マジカルハロウィン6
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

 

マジカルハロウィン6 目次

 

 

 

 

機種概要

■導入日 : 2018年5月21日
■メーカー : KPE

筺体 リール配列

(C)Konami Amusement

 


 

■A+ART機
■マジカルハロウィンシリーズの待望の最新作「マジカルハロウィン6」が登場
■お馴染みのアリスたちが、今回は日本を舞台に
■ボーナスは「鬼ボーナス」・「BIGボーナス」・「REGボーナス」の3種類
■今作から新たに「おみくじシステム」・「鬼モード」を搭載
■おみくじシステムは、獲得した「おみくじ」によって「ART」がパワーアップ
■ARTは「鬼カボチャンス」と「カボチャンス」の2種類で、カボチャンスは1セット30G+α、鬼カボチャンスは1セット30G、どちらも純増1.0枚/G
■鬼モードは、カボチャンスがその時の状態のままループするといった、大量獲得に期待できるモード
■鬼ボーナス後に突入する鬼カボチャレンジと鬼カボチャンスのループ率は驚異の66%
■その他にも「どこま神社」・「ご先祖カボチャンス」などのトリガー的要素が多数

目次へ戻る

 

天井/設定変更/ヤメ時

【天井】
《作成中》

 


 

【設定変更時】
《作成中》

 


 

【ヤメ時】
有利区間でなければいつヤメてもOK。

目次へ戻る

 

ボーナス出現率/機械割

 

設定
鬼ボーナス
赤7BIG
1
1/1092.3
1/1092.3
2
1/963.8
3
1/862.3
4
1/712.4
5
1/655.4
6
1/595.8
設定
「赤7・赤7・白7」BIG
REG
全設定共通
1/1024.0
1/352.3
設定
ボーナス合成
ART初当たり
1
1/177.1
1/364.7
2
1/173.4
1/363.5
3
1/169.8
1/362.3
4
1/163.0
1/360.1
5
1/159.8
1/359.1
6
1/156.0
1/357.6
設定
ボーナス+ART
機械割
1
1/161.7
97.7%
2
1/158.6
98.9%
3
1/155.7
100.5%
4
1/150.1
104.2%
5
1/147.4
107.8%
6
1/144.3
110.2%

※ボーナス+ARTの数値は、ボーナス経由で当選するARTの確率を含めておらず

目次へ戻る

 

通常時の打ち方/ボーナス中の打ち方/ART中の打ち方

【通常時の打ち方】
まず左リール枠上 or 上段にBARを狙う。
以降は、左リールの停止形により打ち分ける。

==左リール下段にチェリーが停止した場合==
弱チェリー or 強チェリー。
中・右リール共に適当打ちでOK。
チェリーが3つ並べば強チェリー

==左リール上段にスイカが停止した場合==
スイカ or ボーナス or ART。
中・右リール共にBARを目安にスイカを狙う。
スイカがハズれればボーナス or ART。

==左リール下段にBARが停止した場合==
中・右リール共に適当打ちでOK。
リプレイが上段に小Vの形で停止または、中段に「コイン・コイン・リプレイ」の形で停止すればチャンス目。

 


 

【ボーナス中の打ち方】
●鬼ボーナス/「赤7・赤7・白7」BIG
カットイン発生時は指示された図柄を狙う。
それ以外は、全リール適当打ちでOK。

●赤7BIG
全リール適当打ちでOK。

●REG
全リール適当打ちでOK。

 


 

【ART中の打ち方】
押し順ナビ発生時や、カットイン発生時はナビされた指示に従う。
演出発生時は、通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。
その他の場合は適当打ちでOK。

目次へ戻る

 

ボーナスについて

【概要】
●鬼ボーナス
白7揃い。
獲得枚数は約136枚。

●BIGボーナス
赤7揃い。
獲得枚数は256枚。

「赤7・赤7・白7」揃い。
獲得枚数は176枚。

●REGボーナス
「赤7・赤7・BAR」揃い。
獲得枚数は64枚。

 


 

【鬼ボーナス中の抽選について】
消化中に「BAR」・「白7」・「カボチャ」のいずれかを狙えカットインが発生する可能性があり。
見事揃えば「鬼カボチャレンジ」とART「鬼カボチャンス」のループ率が66%の、「鬼モード」に突入。

まじかるちゃんす抽選は行なわれていないが、チェリー成立時にARTのストック抽選が行なわれている。

なお、カットイン発生から2度以上揃った場合は、揃った数だけARTをストックしていく。

 


 

【BIGボーナス中の抽選について】
●赤7BIG
カボチャカットインは発生せずに、まじかるちゃんすのみの抽選が行なわれている。

●「赤7・赤7・白7」BIG
カボチャカットインありで、まじかるちゃんすの抽選も行なわれている。

 


 

【REGボーナス中の抽選について】
毎ゲームまじかるちゃんすを抽選。
なお、REGボーナス当選の一部で、「みらくるカボチャスロット」へ突入。

消化中のキャラ紹介などにも設定を示唆するものが存在する模様。

詳細は後日更新。

目次へ戻る

 

小役確率

 

設定
弱チェリー
スイカ
1
1/81.9
1/99.3
2
1/81.5
3
1/81.1
4
1/80.3
5
1/79.9
6
1/79.4
設定
チャンス目
強チェリー
全設定共通
1/59.7
1/163.8
設定
カボチャリプレイ
特殊役
全設定共通
1/21845.0
1/4096.0
設定
中段チェリー
全設定共通
1/65536.0

目次へ戻る

 

小役とボーナスの重複確率

 

設定
弱チェリー
スイカ
1
3.5%
16.7%
2
4.0%
3
4.5%
4
5.4%
5
5.9%
6
6.4%
設定
チャンス目
強チェリー
全設定共通
7.7%
25.0%
設定
カボチャリプレイ
特殊役
全設定共通
100%
75.0%
設定
中段チェリー
全設定共通
100%

目次へ戻る

 

通常時の状態/液晶ステージ

通常時は「賀慕神社」・「あやかし商店街」・「松明花学園」・「市街 上空」・「夜の生徒会室」の5種類の液晶ステージが存在。

なお、「夜の生徒会室」に移行した場合は、ART直撃のチャンスとなる。

目次へ戻る

 

有利区間移行抽選/チャンスリプレイ成立時の状態移行抽選


【有利区間移行抽選】

通常時は「低確A」・「低確B(有利区間)」・「高確A(有利区間)」・「高確B(有利区間)」の4種類の状態が存在し、どの状態に滞在しているかによって、ART当選期待度が異なる。

低確A滞在時の成立役による、有利区間移行期待度は「スイカ < 強チェリー < チャンスリプレイ < ボーナス(赤7BIGを除く)・特殊役」の順。

上記から、スイカ成立時は有利区間移行期待度が低いものの「中段揃いのスイカ」が成立した場合のみ、有利区間への移行が確定する。

なお、チャンスリプレイ成立から有利区間へと移行した場合は、高確A以上の移行に期待が持て、スイカや強チェリーから有利区間へと移行した場合は、ART直撃のチャンス。
さらに、特殊役成立からボーナス非当選で有利区間に移行した場合は、ART確定となる。

 


 

【低確A滞在時の成立役における有利区間移行抽選】

成立役
低確Bへ
高確Aへ
スイカ
0.8%
中段スイカ
100%
強チェリー
16.8%
チャンスリプレイ
11.1%
16.2%
ボーナス(設定差あり赤7BIGを除く)
100%
成立役
高確Bへ
トータル移行率
スイカ
0.8%
中段スイカ
100%
強チェリー
16.8%
チャンスリプレイ
1.2%
28.4%
ボーナス(設定差あり赤7BIGを除く)
100%

 


 

【チャンスリプレイ成立時の状態移行抽選】
低確B or 高確A滞在時は、チャンスリプレイ成立時に状態移行抽選が行なわれている。
各状態別のチャンスリプレイ成立時における状態移行抽選は以下の通り。

状態
高確Aへ
高確Bへ
低確B
16.2%
1.2%
高確A
4.7%

目次へ戻る

 

有利区間への移行契機役によるART当選期待度/有利区間終了条件

【有利区間への移行契機役によるART当選期待度】
有利区間へ移行した際は、どのレア役を契機としたかで、ART当選期待度が異なる。
有利区間への移行契機役におけるART当選期待度や、キングカボチャンスへの当選期待度は以下の通り。

移行契機役
ART当選期待度
「キングカボチャンス」当選期待度
中段スイカ
約50%
約25%
スイカ
約20%
約6.3%
強チェリー
約10%

 


 

【有利区間終了条件】
●通常時の状態移行抽選で、低確Aに転落した場合
なお、有利区間中にボーナス成立 or コインナビが1度発生するまでは転落せず。

●詠唱終了時の状態移行抽選で、低確Aに転落した場合
なお、詠唱終了時は50%ほどの確率で低確Bに移行する。

目次へ戻る

 

自力CZ「詠唱チャレンジ」

自力CZ「詠唱チャレンジ」は、鬼ボーナスを除くすべてのボーナス後またはカボチャンス終了後に突入する、ART当選をかけた自力CZ。
基本的には6択正解でART当選となるが、稀に3択になっている事も。

詠唱中は、「ミッション」と「EXミッション」の2種類が搭載されており、EXミッションなら、カボチャンスストック抽選とは別に、おみくじストック抽選も行なわれている。

ミッションの規定ゲーム数は1~9G。

目次へ戻る

 

まじかるちゃんすについて

まじかるちゃんすは、鬼ボーナスを除く全てのボーナス消化中に抽選が行なわれており、ARTストックのチャンスとなる演出。
まじかるちゃんすに当選すると、液晶上の画面が最大で4分割され、分割されたそれぞれの画面でARTのストック抽選を行なう。

もちろん、分割される数によってストック期待度も異なる。

目次へ戻る

 

ART①「カボチャンス」

【概要】
ART「カボチャンス」は1セット30G+αの、ゲーム数上乗せ+セット数管理型ART。
完走型ではなく、ボーナスが成立した時点ですぐに揃えられる仕様になっている。

 


 

【主な当選契機】
●ボーナス終了後の自力CZ「詠唱チャレンジ」で押し順正解
●通常時からのART直撃当選

 


 

【おみくじ/開封の儀について】
本機はART消化中に「おみくじ」を獲得する可能性がある。

おみくじは
大きく分けて2種類が存在。
一つは、獲得したらすぐに消費する「即おみくじ」。
もう一つは、ストックされた後、セット開始時の「開封の儀」で消費されるおみくじ。

大体のおみくじはストックされた後に、「開封の儀」で消費されるものになるが、即おみくじの場合はレアな分恩恵もゴージャス。
その恩恵は、以下の3種類のいずれかとなる。

●期待値100Gの上乗せ
●紫珠獲得
●期待値100Gの上乗せ+虹珠獲得

なお、「珠」を獲得する事で、獲得したセットはARTの性能または、ARTストック抽選の当選率がアップする。

また、カボチャンス中のゲーム数直乗せが発生した時は1/4で虹珠となる。

 


 

【どこま神社】
ART「カボチャンス」中には、「春・夏・秋・冬」の四季の概念があり、その中でも「秋」の季節は「どこま神社」移行への高確率状態となる。
「カボチャンス秋」の状態で強チェリー成立ならば、どこま神社当選濃厚。

それ以外の成立役における「カボチャンス秋」中のどこま神社当選率は以下の通り。

●弱チェリー成立時 : 25.0%
●チャンスリプレイ成立時 : 16.7%
●コインリプレイ成立時 : 16.7%

どこま神社に移行した際は、1セット10G固定で毎ゲームまじかるちゃんす抽選が行なわれる。
毎ゲーム成立役関係なしで行なわれる抽選+レア役などによる追加ストック抽選も行なわれるため、大量のまじかるちゃんすストックも夢ではない。

追加ストック抽選による当選数は最終ゲームにまとめて告知される。

 


 

【スペシャルART「キングカボチャンス」・「ご先祖カボチャンス」】
本機には、スペシャルARTとして「キングカボチャンス」・「ご先祖カボチャンス」といった機能が搭載。
それぞれの性能は以下の通り。

●キングカボチャンス
ART当選の一部で移行し、当選した際は、コイン成立の度に高確率でART「カボチャンス」のセットストック抽選が行なわれる。

●ご先祖カボチャンス
ART当選の一部で移行し、当選した際は、コイン成立の度に高確率でスペシャルART「キングカボチャンス」のセットストック抽選が行なわれる。

目次へ戻る

 

ART②「鬼カボチャンス」

【概要】
ART「鬼カボチャンス」は、1セット30Gのゲーム数上乗せ+自力継続型ART。
こちらもART「カボチャンス」同様に、ボーナスが成立した時点ですぐに揃えられる仕様になっている。

鬼カボチャンス中は、「珠」によって性能がアップしたARTや、キングカボチャンス等、様々な状態が終了するまで維持される。

セット終了後は、再び「鬼カボチャレンジ」に戻り、カットインからBAR図柄を揃えることが出来れば鬼カボチャンスに再突入する流れ。

鬼カボチャレンジ⇒鬼カボチャンスのループ率は66%。

 


 

【主な当選契機】
●鬼ボーナス中のカットイン発生時に、指示された図柄を揃える事に成功

目次へ戻る

 

いちび救出/キュウビステージ/エピソードバトル

【いちび救出】
「いちび救出」はARTのセット終了時に突入する可能性のあるチャンスゾーン的な位置づけの状態。
突入した際は、レア役やボーナス成立で「キングカボチャンス」・「ご先祖カボチャンス」ストックのチャンス。

なお、いちび救出中は「エピソードバトル」の分岐が3回発生し、「エピソードバトル」への発展がなかった場合、「キュウビステージ」の突入ジャッジが行われる。

ART中のスイカ成立が、いちび救出突入の鍵となるようだ。

 


 

【キュウビステージ】
「キュウビステージ」は主にいちび救出から突入する「エピソードバトル」高確率状態。
突入時は最低20G以上滞在。

通常時は鬼ボーナスの一部からキュウビステージに直撃する場合があり、その際は「鬼キュウビステージ」となって、大量のカボチャンス獲得のチャンス → その鬼ボーナス中に見事鬼モードに突入することができれば、その後のARTが「鬼キュウビステージ」となって、大量のカボチャンス獲得のチャンスとなる。

キュウビステージはアリスが倒れるまで継続し、
レア役成立時は、カボチャンスのストックやエピソードバトル発展に期待が持てる。
さらに、エピソードバトルに発展した際は「ボーナス」・「キングカボチャンス」・「ご先祖カボチャンス」のいずれかをストックするチャンスとなる。

 


 

【エピソードバトル】
「エピソードバトル」はいちび救出やキュウビステージから発展する可能性のある「ボーナス」・「キングカボチャンス」・「ご先祖カボチャンス」に期待のもてる演出。

期待度の高い演出は以下の通り。

●ドラキュラ VS アズキアライ
●ウルフ VS カマイタチ
●フランケン VS ヌリカベ

味方側が勝利する事でエピソードクリアとなり、勝利した際は「ボーナス」・「キングカボチャンス」・「ご先祖カボチャンス」のいずれかの当選が確定となる。
なお、復活パターンで勝利した場合はボーナス濃厚となる。

目次へ戻る

 

珠について

【概要】
本機には、ARTの基本性能をアップさせる「黄」・「緑」・「赤」・「紫」・「虹」の5種類の珠が存在。
珠は、ART中や開封の儀でおみくじストックを消費した際に獲得する事ができ、獲得した珠の色によって様々な効果を発揮する。

獲得した珠の色における効果は以下の通り。

 


 

【黄珠の効果】
●コインリプレイの出現率アップ

「珠なし」⇒「化珠」⇒「換珠」と効果がアップ。

キングカボチャンス中や、ご先祖カボチャンス中であれば、大量のカボチャンスストックのチャンス。
次のセットまで効果が継続。

 


 

【緑珠の効果】
●まじかるちゃんす当選率アップ
●カボチャ揃い時のキングカボチャンス当選率アップ
●どこま神社当選率アップ
●どこま神社中のどこまじ当選率のアップ
●キングカボチャンス中のコイン成立時のカボチャンスストック当選率アップ

「珠なし」⇒「上珠」⇒「特珠」⇒「極珠」と効果がアップ。

次のセットまで効果が継続。

 


 

【赤珠の効果】
●ストックやゲーム数を獲得した時に、2倍⇒3倍⇒4倍⇒5倍…と倍率がかかる

倍率のかかり方は、「珠無し(等倍)」⇒「倍珠(2倍)」⇒「三珠(3倍)」⇒「四珠(4倍)」⇒「五珠(5倍)」…と上限はなし。
ただし、開封の儀中に獲得したストックやゲーム数は、倍率効果の対象とはならず。

次のセットまで効果が継続。

 


 

【紫珠の効果】
●ARTの1セットが66%のループ継続になる

前作の悪カボチャンスにイメージは近く、紫珠でループ継続している間は珠の効果が失われない。
さらに、継続中は開封の儀にも突入する為、別の珠を獲得する事も可能。

珠を複数重ね合わせながら、有利にARTを進めていく事が、本作で大量出玉を獲得するための王道パターン。

継続抽選に漏れるまで継続。

 


 

【虹珠の効果】
●次回ボーナスまでARTが継続

基本的にはボーナス成立で終了となるが、稀にボーナスが成立しても復活する場合がある。

目次へ戻る

 

ART中の成立役における各種ストック当選率

ART中は、レア役が成立する事によって、様々なストック抽選が行なわれている。

当選した場合は「おみくじ」 or 「キンカボストック」 or 「エピソードバトルゾーン」のいずれかに振り分けられる。
「おみくじ」が選択された場合は、その場で効果を発揮する「即おみくじ」、もしくは次セット開始前に開封の儀にて効果を得る「おみくじストック」のいずれかに振り分けられる。
なお、「即おみくじ」のアツい。

「即おみくじ」が選択された場合は、以下のような振り分けとなる。

●紫珠を獲得 : 50%
●ゲーム数上乗せ : 37.5%
●ゲーム数上乗せ+虹珠 : 12.5%

さらに、上記の「ゲーム数上乗せ」が選択された際は、10G上乗せが90%でループするものとなっているので、爆発必須。

緑珠を所持していない状態での成立役における各種ストック当選率は以下の通り。

成立役
当選率
スイカ
6.0%
中段スイカ
20.0%
弱チェリー
6.5%
強チェリー
20.0%
チャンスリプレイ
5.0%
コインリプレイ
20.0%

目次へ戻る

 

みらくるカボチャスロット

「みらくるカボチャスロット」とはREG当選時の一部で突入する事のある、「カボチャンス」・「キングカボチャンス」・「ご先祖カボチャンス」のストック獲得のチャンスとなるボーナス。

消化中は、「カボチャンス」・「キングカボチャンス」・「ご先祖カボチャンス」の3つのアイコンで構成されたスロットマシンが液晶上に出現。
同じアイコンが3つ揃えば、そのアイコンのカボチャンスをストックするといった仕組み。

どのアイコンが停止するかは1:1:1となっており、ご先祖カボチャンスアイコンが2つ停止した場合のみ、その状態でロックされたまま次ゲームに突入。
ロックされた状態でのご先祖カボチャンス揃い確率は1/3となっている。

目次へ戻る

 

フリーズについて

本機にはフリーズ機能が搭載されており、中段チェリーやカボチャリプレイ+赤7成立時の一部で発生する「真九尾フリーズ」と、ボーナスに関係なく発生する「???」フリーズの2種類が存在。

どちらも発生した時点での獲得期待枚数は、約1500枚。

目次へ戻る

 

設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い

【ボーナス出現率】
ボーナス出現率は設定1と設定6とでそこそこの設定差が存在。
特に赤7BIG出現率には大きな設定差が存在する。

赤7BIG出現率と、ボーナス出現率の両方を加味しながら立ち回って行こう。

設定
赤7BIG
ボーナス合成
1
1/1092.3
1/177.1
2
1/963.8
1/173.4
3
1/862.3
1/169.8
4
1/712.4
1/163.0
5
1/655.4
1/159.8
6
1/595.8
1/156.0

 


 

【弱チェリーとボーナスの重複確率】
弱チェリーとボーナスの重複確率には設定1と設定6で倍近くの差が存在。
しっかりカウントして、設定判別に活かして行こう。

設定
弱チェリー
1
3.5%
2
4.0%
3
4.5%
4
5.4%
5
5.9%
6
6.4%

目次へ戻る

 

高設定確定演出/設定示唆演出

【ボーナス確定画面と終了画面による設定示唆】
ボーナス確定画面と終了画面の両方で、「鬼退治」の画面が出現した場合は、設定5以上確定

なお、確定画面のみ出現した場合は偶数設定示唆となり、終了画面のみ出現した場合は高設定のチャンスとなる。

 


 

【REG中のキャラ紹介による設定示唆】
REG中はキャラ紹介が行なわれており、大体が以下の4種類のパターンとなる。

①由良⇒碧⇒フラン⇒アリス

②あずき⇒真空⇒茜⇒魔理

③由良⇒ドラキュラ⇒碧⇒ウルフ⇒フラン⇒フランケン⇒アリス

④あずき⇒アズキアライ⇒真空⇒カマイタチ⇒茜⇒ヌリカベ⇒魔理

設定ごとのパターン選択率は以下の通り。

●設定2・4・6 ⇒ ①が選択されやすく、ART中のREGの場合は③が選択されやすい

●設定3・5 ⇒ ②が選択されやすく、ART中のREGの場合は④が選択されやすい

なお、キャラ紹介に「真九尾」が出現した場合は、設定5以上確定

目次へ戻る