≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

翠星のガルガンティア
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

翠星のガルガンティア 目次

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・ペナルティ等)

筺体・リール配列

ボーナス出現率・機械割

通常時の打ち方/通常時の小役確率

ボーナスについて/ボーナス中の打ち方

限定解除/演出ランクアップシステム

各連続演出のART期待度/引き戻しゾーン

ART「翠星チャンス」

天井について

主な設定差・立ち回り一言アドバイス

ホール側の扱い方や反応/稼働状況/粗利

 

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・設定変更等)

【基本情報/機種概要】
●メーカー:ディライト
●5号機
●アニメ「翠星のガルガンティア」とのタイアップ機
●脇役である「リプレイ」を楽しめるゲーム性を実現
●リプレイ2連時の約80%で「限定解除」が発動し、レア役出現率がアップする
●演出期待度を積み上げる「演出ランクアップシステム」搭載
●ガセ前兆は一切無し
●状況を問わず、「この瞬間をつかみ取れ!」が発生すれば、そのレバーオンにてガチ抽選
●A+ART機
●天井機能搭載

【導入日】
2016年5月30日

【機種タイプ】
純増300枚のリアルボーナスと、純増1.7枚/1GのARTでコインを増やすタイプ。

【技術介入要素】
特になし。
通常時とART中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。

【1000円あたりの回転数】
約37G

【ARTの概要】
●差枚数管理
●ARTは必ず特化ゾーンからスタート
●リプレイの連続が「限定解除」を呼び寄せる
●ART中は、ポイントを貯めて特化ゾーン突入を狙う
●ART中の純増は、1Gあたり約1.7枚

【ヤメ時】
●ボーナス後/ART後
10~20Gほど回して、演出がおとなしく高確や前兆の可能性が無さそうならばヤメてOK。

【天井】
ART終了後1000G消化で天井到達となり、その後に発生する連続演出が必ず成功しARTへ突入する。

【設定変更時】
天井到達までのゲーム数がクリアされ、最大天井が300Gとなる。

 

筺体・リール配列 - [翠星のガルガンティア]

 

筺体 リール配列

(C)オケアノス/ 「翠星のガルガンティア」制作委員会
(C)D-Light

 

ボーナス出現率・機械割 - [翠星のガルガンティア]

 

ボーナス出現率
●ボーナス
全設定共通 : 1/874
●ART初当たり
設定1 : 1/315
設定2 : 1/302
設定3 : 1/288
設定4 : 1/262
設定5 : 1/243
設定6 : 1/229

 

 


 

 

機械割
設定1 : 97.1%
設定2 : 98.4%
設定3 : 99.9%
設定4 : 103.9%
設定5 : 106.8%
設定6 : 110.1%

 

通常時の打ち方/通常時の小役確率 - [翠星のガルガンティア]

【通常時の打ち方】
左リール枠上or上段に黒BARを狙う。
以降は、左リールの停止形により打ち分ける。

==中段にチェリーが停止した場合==
中段チェリー。
中・右リールともに適当打ちでOK。

==下段にチェリーが停止した場合==
弱チェリー or 強チェリー。
中・右リールにも黒BARを狙う。
3連チェリーになれば強チェリー、それ以外は弱チェリー。

==上段にスイカが停止した場合==
弱スイカ or 強スイカ or チャンス目B。
中リールにピラミッド絵柄を狙い、右リールは適当打ち。
スイカがハズれればチャンス目。

==上段にピラミッド絵柄が停止した場合==
チャンス目 or 強チャンス目 or チャンスベル。
中リール適当打ち後、右リールには黒BARを狙う。
斜めにスイカが揃えば弱スイカ、上段にスイカが揃えば強スイカ。
スイカがハズれればチャンス目。

==下段に黒BARが停止した場合==
中・右リールともに適当打ちでOK。
上段に「リプレイ・リプレイ・チェリー」が並べばチャンス目。

 


 

【通常時のレア小役確率】
●共通ベル
全設定共通 : 1/68

●弱チェリー
設定1 : 1/210
設定2 : 1/197
設定3 : 1/186
設定4 : 1/176
設定5 : 1/167
設定6 : 1/159

●強チェリー
全設定共通 : 1/655

●中段チェリー
全設定共通 : 1/32768

●弱スイカ
設定1 : 1/210
設定2 : 1/197
設定3 : 1/186
設定4 : 1/176
設定5 : 1/167
設定6 : 1/159

●強スイカ
全設定共通 : 1/655

●チャンス目
全設定共通 : 1/328

●特殊リプレイ
全設定共通 : 1/65536
※青7揃い

 

ボーナスについて/ボーナス中の打ち方 - [翠星のガルガンティア]

【ボーナス概要】
ボーナスは1種類で、純粋なボーナスとなっている。

「BAR・BAR・青7」揃いからスタート。
純増枚数は約300枚。

 


 

【通常時のボーナス】
通常時にボーナスが成立した場合は「覚醒プロセス」となり、約1/3でART突入となる。
カットイン発生時にBAR揃いとなればART確定となり、かつ、「ガルガンティアボーナス」へ昇格する。

 


 

【ART中のボーナス】
ART中のボーナスは「ガルガンティアボーナス」となる。
ここでレア小役が成立すればポイントが貯まっていき、貯まれば貯まるほど特化ゾーン突入の可能性アップ。
なおBAR揃いが成立すれば、その時点で特化ゾーン確定となる。

 


 

【ボーナス中の打ち方】
カットイン発生時は、各リールに黒BARを狙う。
その他の場合は適当打ちでOK。

 

限定解除/演出ランクアップシステム - [翠星のガルガンティア]

【限定解除】
限定解除とは、リプレイ2連時の約80%で発動する、レア小役出現率がアップする状態のこと。
通常時には4つの内部状態が存在し、滞在状態が良い程、限定解除発生率が高まる。

限定解除発動となると、隠されていたラインが開放され、枠外で揃ったレア小役も有効となる。
開放されるラインは、「枠上のみ」・「枠下のみ」・「全開放」の3パターン。
「全開放」ならば、レア小役出現が確定となる。

限定解除発動までのゲーム数は、液晶右下の数字にて告知。
発動までのカウント中に小役が成立すると、限定解除のストック抽選が行われる。

 


 

【演出ランクアップシステム】
翠星のガルガンティアにおける「演出」は従来のパチスロ機とは違い、「ガセ前兆一切無し」という大きな特徴を持つ。

前兆演出や連続演出が始まれば、その時点でリアルにチャンス。
どんなに弱い演出から始まっても、演出中にレア小役を引くことでランクアップ抽選が行われるため、どんな演出であろうと期待が持てる。
そして連続演出の最後には、レバーオン時に滞在ランクに応じてのガチ抽選が行われる。

ランクは8段階存在。
液晶下部に、現在の滞在ランクが表示される。

 

各連続演出のART期待度/引き戻しゾーン - [翠星のガルガンティア]

【まずは前兆ステージからスタート】
前兆ステージへ移行すれば、連続演出発展のチャンス。

前兆ステージは3つ存在し、期待度は「銀河道  銀河道~舞~  謝肉祭~夕餉~」となっている。
謝肉祭なら高モードの可能性大。

 


 

【連続演出モード】
連続演出のART期待度に影響を与える3つの内部モードが存在。
モードの期待度は「A < B < C」となっており、Cモードならば連続演出不問で大チャンスとなる。

選択された「連続演出」と「モード」の組み合わせによって、ART当選期待度が変化する。

 


 

【各連続演出のART当選期待度】
連続演出は、全部で8つ存在。
連続演出の最終ゲームレバーオン時に、「選択された連続演出&滞在モード」を参照してART抽選が行われる。

各連続演出&滞在モードのART期待度は以下の通り。

①サーフカイトでぶっちぎれ!
Aモード : 0.4%
Bモード : 3.9%
Cモード : 80%

②全力で逃げ切れ!
Aモード : 0.8%
Bモード : 4.3%
Cモード : 80%

③レドの水泳特訓!
Aモード : 1.1%
Bモード : 4.7%
Cモード : 80%

④エイミーとダンスを踊れ!
Aモード : 1.6%
Bモード : 40%
Cモード : 80%

⑤レドを説得せよ
Aモード : 2%
Bモード : 50%
Cモード : 80%

⑥離別
Aモード : 50%
Bモード : 70%
Cモード : 80%

⑦強襲
Aモード : 70%
Bモード : 85%
Cモード : 80%

⑧無頼の女帝
Aモード : 90%
Bモード : 95%
Cモード : 80%

 


 

【連続演出引き戻しゾーン「ぷちっとがるがんてぃあ劇場」】
連続演出失敗時の一部で、5G継続の引き戻しゾーン「ぷちっとがるがんてぃあ劇場」へ突入する。
引き戻しゾーン中にレア小役が成立すれば、再度連続演出へ突入する。

 

ART「翠星チャンス」 - [翠星のガルガンティア]

【概要】
ARTは枚数管理型。
特化ゾーンスタートとなり、ここで初期枚数が決定される。
ART中の1Gあたりの純増枚数は約1.7枚。

 


 

【ART当選契機】
●ボーナス中のART抽選に当選

●通常時のART抽選に当選

 


 

【ART中の限定解除】
ART中も、限定解除発動抽選が行われている。
ART中はリプレイが頻発するため、通常時よりも限定解除の発動率が高くなる。

 


 

【レア小役成立時】
レア小役成立時は、枚数直乗せ抽選ではなく、ポイント獲得抽選が行われる。
10ポイント貯めると上乗せ特化ゾーン「マキシマイズ」へ突入する。

 


 

【上乗せ特化ゾーン「マキシマイズ」】
必ず限定解除が発動する5G継続の上乗せ特化ゾーン。

消化中は、小役で演出をランクアップさせていき、5G消化後はバトル演出へ突入。
勝利すれば、枚数上乗せ&マキシマイズ継続となる。
マキシマイズの最大ループ率は80%。

 


 

【上乗せ特化ゾーン「チェインバースト」】
毎ゲーム10枚以上の枚数上乗せが発生する5G継続の上乗せ特化ゾーン。
一度の上乗せで最大500枚乗せもあり。

 


 

【超上乗せ特化ゾーン「ヒディアーズ殲滅ラッシュ」】
80%ループで毎ゲーム50枚以上の枚数上乗せが発生する超上乗せ特化ゾーン。

 

天井について - [翠星のガルガンティア]

翠星のガルガンティアには、天井機能が搭載されている。

ART終了後1000G消化で天井到達となり、その後に発生する連続演出が必ず成功しARTへ突入する。

なお設定変更後は、天井到達までのゲーム数がクリアされ、最大天井が300Gとなる。

 

主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [翠星のガルガンティア]

【判別のメインはART初当たり】
●ART初当たり
設定1 : 1/315
設定2 : 1/302
設定3 : 1/288
設定4 : 1/262
設定5 : 1/243
設定6 : 1/229

段階的に差が付けられており、高設定ほどART初当たり確率が高くなる。
最低でも1/240程度で初当たりを取れているような台を狙っていくべき。

 


 

【弱チェリー&弱スイカ出現率】
「弱チェリー」と「弱スイカ」の出現率に、そこそこの設定差あり。
こちらはどちらも同一確率なので、2役合算で見た方が良い。

●弱チェリー+弱スイカ合算
設定1 : 1/105
設定2 : 1/98
設定3 : 1/93
設定4 : 1/88
設定5 : 1/84
設定6 : 1/80

弱チェリー&弱スイカを1/85程度かそれよりも良い確率で引ける台があれば、粘る価値あり。

 


 

【ART終了画面】
ART終了画面は全部で10パターン。
そのうち2パターンは、高設定確定画面となる。

主人公である銀髪の男キャラ「レド」と、本作のメインヒロインである女キャラ「エイミー」が一緒にいる画面が出れば、その時点で高設定が確定。

詳細は以下の通り。

●左にレド、右にエイミー ⇒ 設定4以上確定

●左にエイミー、右にレド ⇒ 設定6確定

 

ホール側の扱い方や反応/稼働状況/粗利 - [翠星のガルガンティア]

 

■担当者 :
業界ライター『花火』

※2016/6/13更新※

前作ヒグラシが意外と好評だったが、今回も評判は悪くない。
初週こそIN17000枚台だったが、2週目になってもIN15000枚と落ち幅がかなり少ない。
甘手の機械だというのも、後押しになっているのだろう。

このまま稼働をキープできれば、設定状況にも期待が持てると思う。