≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

創聖のアクエリオンⅡ
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

創聖のアクエリオンⅡ 目次

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・ペナルティ等)

筺体・リール配列

ボーナス出現率・機械割

通常時の打ち方・通常時の小役確率

ボーナスについて・ボーナス中の打ち方

通常時の状態について

ART自力解除ゾーン「不動モード」について

ART「創聖(星)モード」について

通常時のART抽選

天井について

小役とボーナスとの重複当選

主な設定差・立ち回り一言アドバイス

 

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・ペナルティ等)

【基本情報】
●メーカー:SANKYO
●5号機
●ART機「創聖のアクエリオン」の第二弾
●前作の仕様を引き継ぎ、ボーナス+ART機となっている
●天井機能搭載

【機種タイプ】
ARTメインでコインを増やすタイプ。

【技術介入要素】
ほとんど無し。
通常時とART中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。

【ペナルティ】
●通常時
最初に右リールから停止させるとペナルティが発生する場合がある。
押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールか中リールから停止させること。

●ART中
押し順ナビに逆らうとペナルティが発生する場合がある。

【1000円あたりの回転数】
約30G

【ボーナスでの純増枚数】
●スーパーBIG : 約216枚
●BIG : 約210枚
●REG : 約48枚

【ARTの概要】
●ストック方式+ゲーム数上乗せ
●1セット : 30G~200Gから選択される
●ART中の純増 : 1Gあたり約1.5枚

【ヤメ時】
●通常時
レア小役成立後は、ART当選や高確移行の可能性があるため、30Gほど回してみるべき。

●ボーナス後
BIG後は1/2で高確滞在の可能性があるので、なるべく30Gほど回す。
REG後は必ず高確へ移行するので、必ず30G以上回し、以降は演出がおとなしくなるまで回す。

●ART後
1/10~1/4ほどで高確へ移行するので、10Gほど回して演出が騒がしいようならしばらく粘る。
演出がおとなしいようならヤメてOK。
※高設定ほどART後の高確移行率が高い

【天井】
ボーナスもARTも引かずに900G消化することにより、ART当選が確定する。

【設定変更時】
天井到達までのゲーム数がクリアされる。

 

筺体・リール配列 - [創聖のアクエリオンⅡ]

 

筺体 リール配列

(C)2004,2007 河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)SANKYO

 

ボーナス出現率・機械割 - [創聖のアクエリオンⅡ]

●スーパーBIG
全設定共通 : 1/16384.0

●BIG
設定1 : 1/399.6
設定2 : 1/394.8
設定3 : 1/390.1
設定4 : 1/376.6
設定5 : 1/385.5
設定6 : 1/368.2

●REG
設定1 : 1/799.2
設定2 : 1/789.6
設定3 : 1/780.2
設定4 : 1/753.3
設定5 : 1/771.0
設定6 : 1/736.4

●ボーナス合成
設定1 : 1/266.4
設定2 : 1/263.2
設定3 : 1/260.1
設定4 : 1/251.1
設定5 : 1/257.0
設定6 : 1/245.5

●ART初当たり
設定1 : 1/399.0
設定2 : 1/349.8
設定3 : 1/340.8
設定4 : 1/308.3
設定5 : 1/291.2
設定6 : 1/230.3

●機械割
設定1 : 96.6%
設定2 : 98.7%
設定3 : 100.5%
設定4 : 105.7%
設定5 : 108.3%
設定6 : 112.6%

 

通常時の打ち方・通常時の小役確率 - [創聖のアクエリオンⅡ]

【通常時の打ち方】
まず、左リール枠上 or 上段にBARを狙う。
以降は、左リールの停止形により打ち分ける。

==左リール中段にチェリーが停止した場合==
中段チェリー確定。
中・右リールともに適当打ちでOK。

==左リール下段にチェリーが停止した場合==
弱チェリー or 強チェリー。
中・右リールともに適当打ちし、右リール中段にベルが停止すれば弱チェリー、それ以外なら強チェリー。

==左リール上段にスイカが停止した場合==
弱スイカ or 強スイカ or 強チャンス目。
中・右リールともにスイカを狙い、スイカが斜め揃えば弱スイカ、上段に揃えば強スイカ。
スイカが揃わなければ強チャンス目。

==左リール下段にBARが停止した場合==

中・右リールともに適当打ちでOK。
中段リプレイテンパイハズレになれば弱チャンス目。

※ペナルティについて※
最初に右リールから停止させるとペナルティが発生する場合がある。
押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールか中リールから停止させること。

 


 

【通常時の小役確率】
●リプレイ
全設定共通 : 1/7.3

●不動モード突入リプレイ
設定1 : 1/2048.0
設定2 : 1/1927.5
設定3 : 1/1820.4
設定4 : 1/1724.6
設定5 : 1/1560.4
設定6 : 1/1057.0
※「リプレイ・BAR・リプレイ」揃い

●押し順ベル合成
全設定共通 : 約1/5.0

●共通ベル
設定1 : 1/199.8
設定2 : 1/187.3
設定3 : 1/176.2
設定4 : 1/166.3
設定5 : 1/157.5
設定6 : 1/149.6
※斜めラインか中段ラインに揃い、11枚の払い出しがある

●弱チェリー
全設定共通 : 1/163.8

●強チェリー
全設定共通 : 1/327.7

●中段チェリー
全設定共通 : 1/4369.1

●弱スイカ
設定1 : 1/109.2
設定2 : 1/105.7
設定3 : 1/102.4
設定4 : 1/99.3
設定5 : 1/96.4
設定6 : 1/93.6

●強スイカ
全設定共通 : 1/218.5

●弱チャンス目
全設定共通 : 約1/127.0

●強チャンス目
設定1 : 1/436.9
設定2 : 1/434.0
設定3 : 1/431.2
設定4 : 1/422.8
設定5 : 1/428.3
設定6 : 1/417.4

●シングル
設定1 : 1/15.0
設定2 : 1/14.8
設定3 : 1/14.7
設定4 : 1/14.4
設定5 : 1/14.1
設定6 : 1/13.5

 

ボーナスについて・ボーナス中の打ち方 - [創聖のアクエリオンⅡ]

【ボーナスについて】
●スーパーBIG
「赤7・緑7・青7」揃い。
純増枚数は約216枚。
終了後は必ずARTへ突入。

●BIG
赤7揃い、緑7揃い、青7揃い。
純増枚数は約210枚。

●REG
「緑7・緑7・赤7」揃い、「青7・青7・赤7」揃い。
純増枚数は約48枚。

 


 

【ボーナス中の打ち方】
基本的には、どのボーナスも適当打ちでOK。

押し順ナビ発生時は、押し順ナビに従う。
赤ナビ発生時は、各リールに赤7を狙う。

 


 

【REG中のART抽選】
REG中は、6G間のじゃんけんの内容によってART当選期待度が異なる。
基本的には、勝てば勝つほど(=3択ベルの押し順を当てれば当てるほど)ART当選が近づく。

以下の条件を満たせばART確定。

●対戦相手が不動 ⇒ じゃんけんに4回勝てばART確定
●対戦相手が頭翅 ⇒ じゃんけんに2回勝てばART確定
●対戦相手が裸不動 ⇒ じゃんけんに勝った時点でART確定

 

通常時の状態について - [創聖のアクエリオンⅡ]

創聖のアクエリオンⅡの通常時には、低確率状態・高確率状態A・高確率状態B・超高確率状態の4つの状態が存在する。
滞在状態によって、ART当選期待度が異なる。

「シミュレーションステージ」や「地下神殿ステージ」へ移行すれば、高確の期待が持てる。

さらに、堕天翅(だてんし)モードへ突入すると、ART前兆に期待が持てる。
堕天翅モードは全部で3種類存在し、期待度は「天使のゲート < アトランディア < 生命の樹」の順となっている。

 


 

【高確移行抽選】
高確Aへの移行抽選は、レア小役成立時に行われる。
特にスイカ成立時は状態昇格のチャンスで、弱スイカなら約1/4、強スイカならば約1/3で高確Aへ昇格する。

高確Bへの移行抽選は、ゲーム数によって管理されている。
主に100Gごとに、高確Bへの移行抽選が行われる。

そして、高確Aと高確Bが重複すると、超高確率状態となる。

 

ART自力解除ゾーン「不動モード」について - [創聖のアクエリオンⅡ]

創聖のアクエリオンⅡには、「不動モード」と呼ばれるART自力解除ゾーンが存在する。
不動ナビが高確率で発生するゾーンとなっており、ART当選に期待が持てるチャンスゾーンとなっている。

通常時の不動リプレイ(「リプレイ・BAR・リプレイ」揃い)入賞で、不動モード突入となる。

不動モードは10G継続。
ART期待度は約50%。

不動モード中は、6択SPリプレイが約1/3で成立。
最終的に不動が合掌すればART確定。

 

ART「創聖(創星)モード」について - [創聖のアクエリオンⅡ]

創聖のアクエリオンⅡには、「創聖(創星)モード」と呼ばれるART機能が搭載されている。

 


 

【ART当選契機】
●ボーナス中のART抽選に当選

●自力チャンスゾーン「不動モード」中のART抽選に当選

●通常時のレア小役成立時のART抽選に当選

 


 

【ARTの基本仕様】
ARTは1セット30G~200G継続。
ストック方式+ゲーム数上乗せ方式となっている。

 


 

【まずはART準備状態「エクスタシーゾーン」でゲーム数上乗せを狙う】
ART当選後は、前兆を経由してからART準備状態「エクスタシーゾーン」へ移行。
エクスタシーゾーン中は、常に創星メーターアップ抽選が行われている。

創星メーターが満タンになれば、ARTゲーム数上乗せ確定。

 


 

【ART初期ゲーム数が決まる「エクスタシーチャンス」】
エクスタシーゾーン終了後は、ART初期ゲーム数が決定する「エクスタシーチャンス」へ移行する。
ART初期ゲーム数振り分けは30G or 50G or 70G or 90G or 120G or 150G or 180G or 200G。

なお、エクスタシーチャンス中の出現するキャラによって、初期ゲーム数期待度が異なる。

●シルヴィア ⇒ 30G以上
●麗花 ⇒ 50G以上
●つぐみ ⇒ 70G以上
●リーナ ⇒ 90G以上

「全員集合」や「必殺技炸裂」といったパターンが出現すれば、大量ゲーム数が選択された可能性大!

 


 

【ARTの流れ】
エクスタシーチャンスでART初期ゲーム数が決定したら、いよいよART突入。

まずは、「創聖ラッシュ」からスタート。
創聖ラッシュ中、ARTゲーム数上乗せが発生すれば「創星ラッシュ」へ、「リプレイ・リプレイ・ベル」が入賞すれば「宇宙背景」へ移行する。
いずれも、不動ナビ出現率が優遇される。

さらに、創星ラッシュと宇宙背景が合体するパターンもあり。
不動ナビ出現率がアップする上、全ナビ状態となる。

 


 

【ART中のゲーム数上乗せ抽選】
ART中のレア小役成立時には、ARTゲーム数上乗せ抽選が行われる。
各小役成立時の上乗せ当選期待度は以下の通り。

弱スイカ < 共通ベル  強スイカ  弱チャンス目  弱チェリー  強チャンス目  強チェリー  中段チェリー

 


 

【セット数上乗せ特化ゾーン「創聖(星)モード」】
ART中にSPリプレイ(BAR揃いリプレイ)が入賞すれば、セット数上乗せ特化ゾーン「創聖(星)モード」へ昇格する。

昇格時のパターンは以下の3パターン。

●創星モード
SPリプレイの押し順が全ナビされる。
上乗せモードの中で最もアツいモード。
SPリプレイ入賞のたびにARTがストックされていく。

●2択創聖モード
SPリプレイ成立時に、第一停止の押し順のみナビされるモード。
2択の押し順に正解してSPリプレイが入賞すれば、ARTストック確定となる。
かつ、2択をはずさない限り2択創聖モードが継続していく。

●6択創聖モード
SPリプレイ成立時に、押し順ナビが発生しないモード。
6択の押し順に正解してSPリプレイが入賞すれば、ARTストック確定となる。
かつ、6択をはずさない限り6択創聖モードが継続していく。

 


 

【ART中の打ち方】
押し順ナビ発生時はそれに従って消化。
演出発生時は、通常時と同じ打ち方でスイカとチェリーをフォロー。
その他の場合は適当打ちでOK。

 


 

【ART中の純増】
ART中は、1Gあたり約1.5枚のペースでコインが増加していく。

 

通常時のART抽選 - [創聖のアクエリオンⅡ]

通常時の特定役成立時には、ART抽選が行なわれている。
各小役でのおおよそのART当選期待度は以下の通り。

共通ベル  弱スイカ/弱チャンス目  弱チェリー  強スイカ  強チャンス目  強チェリー  中段チェリー

ART当選後は、最大32Gの前兆を経由してからART準備状態へ移行する。

※ワンポイント※
●ボーナス非重複の中段チェリーならば、状態を問わずART確定。

●ボーナスと重複当選した小役でもART抽選は行われているが、非重複の場合よりもややART当選率が落ちる。

●「共通ベル」・「弱スイカ」・「強スイカ」は、高確Bか超高確でないとART当選にはほぼ期待できない。

●ART当選時は、1~3個のARTストックを獲得できる。(基本的には1個のみ)

●低確弱チェリーからのART当選率には、そこそこの設定差あり。

設定6ならば、弱チェリー30回に1回くらいのペースでART当選が期待できる。

 

天井について - [創聖のアクエリオンⅡ]

創聖のアクエリオンⅡには、天井機能が搭載されている。

ボーナスもARTも引かずに900G消化することにより、ART当選が確定する。

なお設定変更時は、天井到達までのゲーム数がクリアされる。

 

小役とボーナスとの重複当選 - [創聖のアクエリオンⅡ]

創聖のアクエリオンⅡには、小役とボーナスとの重複当選機能が搭載されている。
各小役での重複当選確率は以下の通り。

●共通ベル
設定1 : 0.9%
設定2 : 0.9%
設定3 : 0.8%
設定4 : 0.8%
設定5 : 0.7%
設定6 : 0.7%

●弱スイカ
設定1 : 0.7%
設定2 : 0.8%
設定3 : 0.9%
設定4 : 1.4%
設定5 : 1.0%
設定6 : 1.6%

●強スイカ
全設定共通 : 14.0%

●弱チェリー
全設定共通 : 5.0%

●強チェリー
全設定共通 : 20.0%

●中段チェリー
全設定共通 : 66.7%

●弱チャンス目
設定1 : 12.5%
設定2 : 12.7%
設定3 : 12.8%
設定4 : 13.4%
設定5 : 13.0%
設定6 : 13.7%

●強チャンス目
設定1 : 30.0%
設定2 : 30.5%
設定3 : 30.9%
設定4 : 32.3%
設定5 : 31.4%
設定6 : 33.2%

 

主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [創聖のアクエリオンⅡ]

ボーナス+ART機だが、主に設定差があるのはART関連。
ボーナス関連はほぼ判別には使えない。

まずは、ざっくりとART初当たり出現率をチェックしていこう。
単純に高設定ほど初当たりが多くなる。

●ART初当たり
設定1 : 1/399.0
設定2 : 1/349.8
設定3 : 1/340.8
設定4 : 1/308.3
設定5 : 1/291.2
設定6 : 1/230.3

また、通常時のみ成立する可能性がある不動モード突入リプレイ(「リプレイ・BAR・リプレイ」揃い)の出現率も要注目。

●不動モード突入リプレイ
設定1 : 1/2048.0
設定2 : 1/1927.5
設定3 : 1/1820.4
設定4 : 1/1724.6
設定5 : 1/1560.4
設定6 : 1/1057.0

確率分母が大きいのでそれほど使える要素ではないが、早い段階で不動モード突入リプレイが複数回くるようならば粘る価値あり。

あとは、低確弱チェリーからのART当選率にもそこそこの設定差がある。
設定6ならば、弱チェリー30回に1回くらいのペースでART当選が期待できる。

弱チェリーからのART当選があった場合は、しばらく様子を見てみよう。