≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

新造人間キャシャーン
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

基本情報 - [新造人間キャシャーン]

●メーカー:JPS
●5号機
●ART機能搭載
●天井機能搭載
●設定6の機械割が116.7%

ボーナス出現率・機械割 - [新造人間キャシャーン]

●ボーナス合成
設定1 : 1/39.3
設定2 : 1/39.3
設定3 : 1/39.2
設定4 : 1/39.2
設定5 : 1/39.1
設定6 : 1/39.0

●機械割
設定1 : 96.3%
設定2 : 98.8%
設定3 : 100.5%
設定4 : 103.9%
設定5 : 109.7%
設定6 : 116.7%

通常時の打ち方・通常時の小役確率 - [新造人間キャシャーン]

●通常時の打ち方
左リール枠上に白7を狙う。
左リールにスイカが出現した場合は、中リールにもスイカを狙い、右リールは適当打ち。
その他の場合は適当打ちでOK。

レバーオン時にフリーズ発生時は各リールに白7を狙う。

ボーナスについて・ボーナス中の打ち方 - [新造人間キャシャーン]

●ボーナスについて
・BIG
赤7揃い。
払い出し枚数が130枚を超えると終了、純増枚数は約90枚。

・ミッションボーナス
「赤7・赤7・黒7」揃い。
4G消化で終了。

 


 

●ボーナス中の打ち方
ナビなし時は適当打ちでOK。
小役ナビが入った場合はそれに従って消化。

通常時のモードについて - [新造人間キャシャーン]

新造人間キャシャーンの通常時には、「低確率」「高確率」「超高確率」の3つのモードが存在。

高確率中にボーナスが成立するとART確定、超高確率中にボーナスが成立するとART確定な上、ロング継続が期待できる。

なお、液晶が「湖底ステージ」ならば、超高確率に滞在していることを意味している。

 


 

●ミッションボーナス中の高確率ゲーム上乗せ
ミッションボーナス4G中に小役が揃うと、高確率ゲーム数が上乗せ(優遇)される。

白7揃いの15枚役が最もアツく、次にスイカがアツい。
チェリーやベルは期待薄。

ART(キャシャーンタイム)について - [新造人間キャシャーン]

新造人間キャシャーンには、キャシャーンタイムと呼ばれるART機能が搭載されている。
高確率・超高確率に滞在している時にボーナスが成立するか、白7を入賞させることによりARTへ突入。

なお、白7揃い成立時は、必ずフリーズが発生。
ロングARTが期待できる。

ARTは、2027のような継続抽選方式ではなく、セット数抽選方式。
つまり、ARTに当選した時に、何セット継続するかが決定する。

ARTはワンセット10G。
当選したセット数分継続していく。
常にボーナスが成立した状態なので、間違ってボーナスを揃えてしまわないように注意する。

ART中は、1Gあたり約1.8枚のペースでコインが増加していく。

 


 

●ART中の打ち方
リールの左にあるナビランプに従う。
赤7ランプ点灯時は左リールに赤7を、白7ランプ点灯時は左リールに白7を、黒7ランプ点灯時は左リールに黒7を狙う。
中・右リールは適当打ちでOK。

スイカorチェリーのランプが点灯した時は、通常時と同じように打って小役を獲得する。

ボーナスランプが点灯した時はハズレなので、ボーナスが揃ってしまわないように左リールに赤7を避けて押す。

その他の場合は適当打ちでOK。

ART終了後には、成立していたボーナスを揃える。

天井について - [新造人間キャシャーン]

新造人間キャシャーンには、天井機能が搭載されている。

通常状態で200G消化することにより、天井高確率状態に突入。
天井到達時はロングARTが期待できる。

小役とボーナスとの重複当選 - [新造人間キャシャーン]

新造人間キャシャーンには、小役とボーナスとの重複当選機能が搭載されている。
白7揃いで100%ボーナス、特殊リプレイ(「リプレイ・リプレイ・スイカ」揃い)の75%でボーナス。

主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [新造人間キャシャーン]

2027と似たゲーム性を持つものの、ARTの継続方式が異なる。
新造人間キャシャーンの場合は「セット数抽選方式」で、ART突入時に何セット継続するかが決定している。

なお、2027とは違って小役優先の制御になったため、ART中の消化が少し楽になったのも特徴の一つ。

設定差はART関連につけられており、ボーナス確率自体にはほとんど設定差がない。
しかし、「高設定ほどARTに滞在する割合が高い」+「ART中はボーナスを揃えない」ため、必然的に高設定ほどボーナス出現率が悪くなることになる。

よって、ボーナス出現率の悪い台を狙っていくようにしよう。

ただし、偶発的なロングARTによる一撃でボーナス出現率が悪くなることもあるので、そのあたりも考慮して台選びをすること。