≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

鉄拳3rdエンジェルver.
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

 

鉄拳3rdエンジェルver. 目次

 

 

 

 


▼ 勝つ為の攻略/立ち回り ▼


■ 設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い

 

 

機種概要

■導入日 : 2016年3月7日
■メーカー : 山佐

筺体 リール配列

(C)BANDAI NAMCO Entertainmento Inc.
(C)YAMASA

 


 

山佐のキラーコンテンツ「鉄拳シリーズ」から、「リアルボーナスを搭載したAT機」という珍しいタイプの機種が登場。
純増約85枚のリアルボーナスと、純増2.4枚/1GのATとでコインを増やしていく。

AT当選までの基本的な流れは、「リアルボーナス当選」⇒「ボーナス中にTAGバトル当選」⇒「TAGバトル勝利でAT当選」となる。
リアルボーナス「鉄拳チャレンジ」は自力CZへ突入させるための自力CZ、そして「TAGバトル」はATへ突入させるための自力CZ、と考えてOKだ。
なおTAGバトルへは、通常時からいきなり突入する場合もある。

AT「神鉄拳ラッシュ」は、リアルボーナスに当選するまで継続するというタイプ。
リアルボーナス確率は設定1で約1/84。
うまくハマればAT滞在が長引いていき、それだけ獲得枚数も伸びていく。
そして、AT中のボーナスは「デビルバトル」となり、このバトルに勝利すればAT継続となる。

もちろん、特化ゾーンも充実している。
ストック高確の「アンノウンゾーン」や、毎ゲームストックの「頭突きコンボチャンス」。
さらに、0G連での大量上乗せが期待できる「鉄拳アタック」、高継続のプレミアAT「鉄拳ヘブン」と、爆裂契機は非常に豊富だ。

目次へ戻る

 

天井/設定変更/ヤメ時 - [鉄拳3rdエンジェルver.]

【天井】
天井は存在しない。

 


 

【設定変更時】
状態移行抽選が行われる。

 


 

【ヤメ時】
●通常時/ボーナス後
液晶が「赤背景」・「夕方背景」ならば、しばらく様子を見るべき。
また、ボーナス後の画面が「赤背景」だった場合は、良いモードに滞在していることが確定するので、次回ボーナスまで回した方が良い。

目次へ戻る

 

ボーナス出現率/機械割 - [鉄拳3rdエンジェルver.]

 

ボーナス出現率
●ボーナス(鉄拳チャレンジ)
設定1 : 1/84
設定2 : 1/84
設定3 : 1/84
設定4 : 1/84
設定5 : 1/83
設定6 : 1/82
●AT初当たり
設定1 : 1/752
設定2 : 1/726
設定3 : 1/681
設定4 : 1/623
設定5 : 1/555
設定6 : 1/483

 

 


 

 

機械割
設定1 : 96.9%
設定2 : 98.3%
設定3 : 99.7%
設定4 : 102.0%
設定5 : 105.5%
設定6 : 110.2%

目次へ戻る

 

通常時の打ち方/ボーナス中の打ち方/AT中の打ち方 - [鉄拳3rdエンジェルver.]

【通常時の打ち方】
適当打ちでOK。
取りこぼしは一切無し。

中段リプレイ+4thリールに緑7停止で「弱チャンスリプレイ」。
中段緑7揃い+4thリールにリプレイ停止で「強チャンスリプレイ」。

ボーナス成立時は、左リールにいずれかのBARを狙い、その他のリールは適当打ちでOK。

 


 

【ボーナス中の打ち方】
適当打ちでOK。

 


 

【AT中の打ち方】
押し順ナビ発生時はそれに従う。
その他の場合は適当打ちでOK。

※ペナルティについて※
押し順ナビを無視した場合はペナルティ発生がありえるので、しっかりと押し順に従うこと。

目次へ戻る

 

ホール側の扱い方や反応/稼働状況/粗利 - [鉄拳3rdエンジェルver.]

 

■担当者 :
業界ライター『花火』

※2016/3/14更新※
山佐は、次のパルサーが駄目だったらしばらく厳しいと思われる。
今回の鉄拳も、かなり立ち上がりが悪い印象。

わかってはいたものの、やはりATに入らなすぎる。
天井がないので、どこまでもいくあの感覚はきつい。

データでは体感程辛くないので、AT中はそこそこ強力なんだと思う。
IN枚数19000枚で粗利9000円弱。
客滞も悪いため、これからブッコ抜きモードに入るホールも出てくると思われるので要注意。

天井がないため、何回か鉄拳チャンス引いて駄目ならスパッと席を立つのが懸命だろう。

目次へ戻る

 

通常時の各リプレイ出現率/ボーナス重複率 - [鉄拳3rdエンジェルver.]

通常時は、50枚あたり約24Gと非常にコイン持ちが悪く、基本的にリプレイしか揃わない。
各リプレイの特徴については以下の通り。

●中段リプレイ
出現率は約1/14。
ボーナスとの重複率は激低で、丸一日打って一度でも出現すれば良い方。

●上段リプレイ
出現率は約1/38。
約7%でボーナスと重複する。

●下段リプレイ
出現率は約1/56。
約10%でボーナスと重複する。

●弱チャンスリプレイ
出現率は約1/88。
約25%でボーナスと重複する。
中段リプレイ+4thリールに緑7停止で「弱チャンスリプレイ」。

●強チャンスリプレイ
出現率は約1/91。
約50%でボーナスと重複する。
中段緑7揃い+4thリールにリプレイ停止で「強チャンスリプレイ」。

目次へ戻る

 

通常時の状態/液晶ステージ - [鉄拳3rdエンジェルver.]

【通常時の状態】
通常時には、「低確」・「高確」という2つの状態が存在。
高確中にボーナスを引ければ、TAGバトル当選期待度がアップする。

 


 

【告知演出の異なる3タイプ】
以下の3タイプから、打ち手が自由に選択可能。

●エンジェルモード ⇒ 通常タイプ
●オーガタイプ ⇒ チャンス告知タイプ
●アーマーキングモード ⇒ 完全告知タイプ

目次へ戻る

 

通常時のモード - [鉄拳3rdエンジェルver.]

鉄拳3rdエンジェルver.の通常時には、「モードA」・「モードB」・「モードC」・「モードD」という4つのモードが存在する。
滞在モードによって、TAGバトル当選率などが異なる。(「モードD」が最上位モード)

モード移行抽選は、「ボーナス後」・「AT後」・「設定変更後」に行われる。
なお、一度上がったモードは、TAGバトル当選まで転落しない。

目次へ戻る

 

リアルボーナス「鉄拳チャレンジ」 - [鉄拳3rdエンジェルver.]

【概要】
リアルボーナスは1種類。
BAR絵柄の4つ揃いから突入する。
純増約85枚で、消化中は「TAGバトル」への突入抽選が行われる。

なお、AT中に成立したリアルボーナスは「デビルバトル」となり、AT継続バトルが繰り広げられる。
バトル勝利でAT継続確定。

 


 

【告知タイプ】
開始時に、以下の3タイプから打ち手が自由に選択可能。

●仁
バトル告知タイプ。
仁が敵キャラとのバトルを展開し、最終的に勝利すればTAGバトル確定。

●キング
衝撃告知タイプ。
TAGバトル当選が完全告知されるタイプで、「伝説のマスク」が出現すればTAGバトル確定。

●シャオユウ
後告知タイプ。
最終的にカードが揃えばTAGバトル確定。

 


 

【飛鳥チャレンジ】
キャラが「飛鳥」になれば、その時点でTAGバトル確定。

目次へ戻る

 

自力チャンスゾーン「TAGバトル」 - [鉄拳3rdエンジェルver.]

【概要】
TAGバトルとは、ATへ突入させるための自力チャンスゾーン。
最大11G継続。

 


 

【突入契機】
●リアルボーナス中のTAGバトル突入抽選に当選

●通常時のレア小役の一部

 


 

【対戦キャラ】
対戦キャラによって、バトル勝率が異なる。
「厳竜&木人」が選択されればゲキアツ。

 


 

【TAGバトル中のAT抽選】
TAGバトル中は、全役にてAT抽選が行われる。
一度のTAGバトルでのAT当選期待度は約50%。

目次へ戻る

 

AT「神鉄拳ラッシュ」 - [鉄拳3rdエンジェルver.]

【概要】
AT終了までの規定のゲーム数や枚数はなく、リアルボーナスが成立するまでATが継続する。
そして、そのリアルボーナスは「デビルバトル」という継続バトルになり、そこで勝利すればATセット継続となる。
1Gあたりの純増枚数は約2.4枚。

 


 

【突入契機】
●TAGバトル勝利
●ロングフリーズ発生

 


 

【AT継続を懸けた「デビルバトル」】
AT中のリアルボーナスは、すべて「デビルバトル」となる。
最大7G継続し、エンジェルが勝利すればATセット継続。

 


 

【デビルバトルの勝率に影響する「バトルポイント」】
AT中になかなかリアルボーナスが成立しなければチャンス。

AT中は「バトルポイント」獲得抽選が行われているため、ATが長引けば長引くほどバトルポイントが貯まっている可能性が高まる。
バトルポイントは、貯まれば貯まるほどデビルバトルの勝率が高まる。

液晶の周囲にあるランプにて、どれくらいデビルポイントが貯まっているかを示唆している。
緑や赤などの派手な色へ変化すればアツい!

目次へ戻る

 

上乗せ特化ゾーン - [鉄拳3rdエンジェルver.]

【アンノウンゾーン】
バトル勝利(=ATセット数)ストック高確率ゾーン。
AT中に規定のバトルポイントが貯まった際の一部で突入する。

アンノウンゾーンは、リアルボーナス成立まで継続。

 


 

【頭突きコンボチャンス】
バトル勝利(=ATセット数)ストック1G連ゾーン。
AT中のリアルボーナスの一部から突入する。

頭突きコンボチャンス中は、頭突きで液晶画面を割ればストック確定。
50%の確率でループしていく。

 


 

【オーガチャレンジ】
高継続プレミアAT「鉄拳ヘブン」への突入を懸けたチャンスゾーン。
鉄拳ヘブン突入期待度は約50%。

通常時にいきなり登場することも!?

 


 

【鉄拳アタック】
ロングフリーズから突入する、プレミア的な上乗せ特化ゾーン。
0G連&80%ループという伝統の仕様で、バトル勝利(=ATセット数)をどんどんストックしていく。
さらに、終了後には高継続プレミアAT「鉄拳ヘブン」へ突入する。

 


 

【鉄拳ヘブン】
高継続が期待できるプレミア的なAT。
「ロングフリーズ」や「オーガチャレンジ成功」、「AT当選時の一部」などから突入する。

消化中は規定バトルポイントが優遇されるため、デビルバトルでの勝率が大幅にアップする。

目次へ戻る

 

設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い - [鉄拳3rdエンジェルver.]

【ボーナス当選のレア契機】
「単独ボーナス」
「中段リプレイ+ボーナス」

この2契機は、ボーナス当選契機の中でもレアなものとなるが、そこそこの設定差が存在する。。

単独ボーナス出現率は、1/65536~1/13107
中段リプレイ+ボーナス出現率は、1/32768~1/10923
いずれも、高設定ほど当選率が高くなる。

どちらも確率分母が大きいので、決して活用しやすい判別要素とは言えないが、この2契機からの当たりが2回、3回と確認できれば、高設定の可能性がやや高くなってくる。

 


 

【AT初当たり確率】
●AT初当たり
設定1 : 1/752
設定2 : 1/726
設定3 : 1/681
設定4 : 1/623
設定5 : 1/555
設定6 : 1/483

ご覧の通り、AT初当たりはかなり重い。
設定6でも1/500近い確率のため、低設定となればそう簡単にはAT突入とはならない。
1000Gも2000GもATに入っていないような台は低設定の可能性が高いので、触れないようにしよう。

目次へ戻る