≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

デッドマン・ワンダーランド
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

 

デッドマン・ワンダーランド 目次

 

 

 

 

 

機種概要

■導入日 : 2015年10月19日
■メーカー : 北電子

筺体 リール配列

(C)2010 片岡人生、近藤一馬/角川書店/デッドマン・ワンダーランドG棟
(C)KITA DENSHI

 


 

「デッドマン・ワンダーランド」は、漫画版「交響詩篇エウレカセブン」の作者たちによる作品。
パチスロ史に輝かしい1ページを刻んだエウレカの遺伝子が、北電子クオリティを加えつつ新たなタイアップ機種として登場する。

機種タイプとしては、A+ART機。
純粋なボーナスに加え、1Gあたりの純増約1.6枚のARTでコインを増やしていく。

ART「G-RUSH」は1セット40G継続で、消化中は毎ゲーム継続抽選が行なわれる。
「G-RUSH CROW」ならば、その時点で継続が確定する。

もちろん、上乗せ特化ゾーンも存在。
「G-RUSH OWL」へ突入すればゲーム数上乗せ抽選が行われ、「レチッドエッグゾーン」へ突入すればセット数上乗せ抽選が行われる。

このように、ARTには「継続」・「ゲーム数上乗せ」・「セット数上乗せ」というあらゆる上乗せ要素が搭載されている本機。
波に乗った時の爆発力は推して図るべし!

目次へ戻る

 

天井/設定変更/ヤメ時/ペナルティ - [デッドマン・ワンダーランド]

【天井】
ボーナス後1155G消化で天井到達となり、ART当選が確定する。

 


 

【天井の恩恵】
天井到達時の恩恵は大きく、「ARTストックを5セット獲得」という恩恵が受けられる。

 


 

【設定変更時】
天井到達までのゲーム数がクリアされる。

 


 

【ヤメ時】
●ボーナス後/ART後
前兆や高確の可能性を考慮し、30Gほど回して演出がおとなしいようならヤメてOK。

 


 

【ペナルティ】
●通常時
ペナルティは無し。
どこからどう押してもOK。

●ART中
押し順ナビに逆らうとペナルティが発生する場合がある。

目次へ戻る

 

ボーナス出現率/機械割 - [デッドマン・ワンダーランド]

●BIG
設定1 : 1/364
設定2 : 1/360
設定3 : 1/356
設定4 : 1/352
設定5 : 1/349
設定6 : 1/345

●REG
設定1 : 1/728
設定2 : 1/697
設定3 : 1/669
設定4 : 1/643
設定5 : 1/618
設定6 : 1/596

●ボーナス合成
設定1 : 1/243
設定2 : 1/238
設定3 : 1/232
設定4 : 1/228
設定5 : 1/223
設定6 : 1/219

●ボーナス合成+ART
設定1 : 1/158
設定2 : 1/150
設定3 : 1/147
設定4 : 1/132
設定5 : 1/116
設定6 : 1/108

●機械割
設定1 : 97.8%
設定2 : 98.9%
設定3 : 100.8%
設定4 : 103.9%
設定5 : 108.5%
設定6 : 110.9%

目次へ戻る

 

通常時の打ち方/ボーナス中の打ち方/ART中の打ち方 - [デッドマン・ワンダーランド]

【通常時の打ち方】
まず、左リール枠上 or 上段にBARを狙う。
以降は、左リールの停止形により打ち分ける。

==左リール中段にチェリーが停止した場合==
中段チェリー確定。
中・右リールともに適当打ちでOK。

==左リール下段にチェリーが停止した場合==
弱チェリー or 強チェリー。
中・右リールともに赤7を狙う。
3連チェリーになれば強チェリー、それ以外ならば弱チェリー。

==左リール上段にスイカが停止した場合==
共通ベル or スイカ or チャンス目。
中リールには赤7を狙い、右リールには紫7を狙う。
中段ベル揃いで共通ベル。
スイカがハズれればチャンス目。

==左リール下段にBARが停止した場合==
中・右リールともに適当打ちでOK。
中段「リプレイ・リプレイ・ベル」揃いでチャンス目。

 


 

【ボーナス中の打ち方】
●BIG中
基本的には適当打ちでOK。
カットイン発生時は、逆押しで白7を狙う。
白7が揃えばART当選確定。

●REG中
液晶が青背景時は適当打ちでOK。
青背景以外ならば、通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。
レア小役成立時は、通常時ならばART抽選、ART中ならばゲーム数上乗せ抽選が行われる。

 


 

【ART中の打ち方】
押し順ナビ発生時は、指定された押し順通りに停止させる。
演出発生時は、通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。
その他の場合は適当打ちでOK。

※ペナルティについて※
押し順ナビに逆らうとペナルティが発生する場合がある。

目次へ戻る

 

ボーナス概要 - [デッドマン・ワンダーランド]

【BIG】
赤7揃い、紫7揃い。
純増枚数は約150枚。
消化中に白7揃いが成立すればART当選確定。

白7成立時は、必ずカットインが発生する。
カットインが発展するほど白7揃いの期待度が高まる。
フリーズ発生ならばしろ7揃い確定。

 


 

【REG】
「赤7・赤7・紫7」揃い、「紫7・紫7・赤7」揃い。
8G消化で終了。

消化中に青背景以外(赤背景や金背景)が出現すれば、それはレア小役成立のサイン。
レア小役成立時は、通常時ならばART抽選、ART中ならばゲーム数上乗せ抽選が行われる。

目次へ戻る

 

通常時の状態/液晶ステージ - [デッドマン・ワンダーランド]

デッドマン・ワンダーランドの通常時には、複数の状態が存在する。
滞在状態によって、自力チャンスゾーンやARTへの突入期待度が異なる。

滞在する液晶ステージによって、ある程度滞在状態が判別できる。

●管制室 ⇒ 高確濃厚
●夜景 ⇒ 前兆の可能性アリ

目次へ戻る

 

自力チャンスゾーン「ドッグレースショウ」 - [デッドマン・ワンダーランド]

デッドマン・ワンダーランドには、「ドッグレースショウ」と呼ばれる自力チャンスゾーンが搭載されている。
ART期待度約40%で、毎ゲーム全役にてART抽選が行われている。

突入契機は、「通常時のレア小役の一部」。

ドッグレースショウにて、4つのステージをすべてクリアすればART確定。

目次へ戻る

 

ART「G-RUSH」 - [デッドマン・ワンダーランド]

デッドマン・ワンダーランドには、「G-RUSH」と呼ばれるART機能が搭載されている。

 


 

【概要】
ストック方式+継続率方式+ゲーム数上乗せ方式のARTで、1セット40G継続。
1Gあたりの純増枚数は約1.6枚。

ART消化中は、押し順ベル以外のすべての役でART継続抽選が行われる。

 


 

【AT当選契機】
●ボーナス中のART抽選に当選

●自力チャンスゾーン中のART抽選に当選

●通常時のレア小役成立時のART抽選に当選

 


 

【ART中の継続抽選】
ART中は、毎ゲーム継続抽選が行われている。
押し順ベル以外のすべての役で継続抽選が行われ、成立小役によって継続抽選当選期待度が異なる。

期待度については以下の通り。

リプレイ  弱チェリー  スイカ  チャンス目  強チェリー  ハズレ  中段チェリー  共通ベル  ボーナス

 


 

【ART継続確定となる「CROW」】
ART中に「CROW(クロウ)」に昇格すると、ART継続が確定する。
CROW昇格後は、ゲーム数上乗せや特化ゾーン突入抽選が優遇される。

次セットは、40G+上乗せされたゲーム数にてARTがスタートする。

 


 

【ゲーム数上乗せ特化ゾーン「G-RUSH OWL」】
G-RUSH OWL(オウル)とは、押し順ベル4回成立まで継続するゲーム数上乗せ特化ゾーン。
「G-RUSH CROW」中から突入する可能性あり。

消化中は、ゲーム数上乗せ抽選が行われる。

終了後は、必ず「G-RUSH CROW」へ突入する。

 


 

【セット数上乗せ特化ゾーン「レチッドエッグゾーン」】
レチッドエッグゾーンとは、白7揃いから突入する10G継続のセット数上乗せ特化ゾーン。
消化中に白7が成立すれば、ARTセット数ストックとなる。

終了後は、必ず「G-RUSH CROW」へ突入する。

 


 

【ART引き戻しゾーン「首錠カウントダウン」】
ARTが1セット終了となると、引き戻しゾーン「首錠カウントダウン」へ突入。
5G継続で、毎ゲーム全役にてART引き戻し抽選が行われる。

目次へ戻る

 

ロングフリーズの確率/恩恵 - [デッドマン・ワンダーランド]

ロングフリーズの確率は1/32768。

ロングフリーズ発生時の恩恵は以下の通り。

●BIG当選
●ARTストック5個

目次へ戻る

 

天井狙い/ゾーン狙いの立ち回り - [デッドマン・ワンダーランド]

【天井狙い】
天井到達時は「ARTストック5個獲得」と、非常に恩恵が大きい。
よって、多少浅めのゲーム数からでも狙う価値がある。

天井はボーナス間1155Gだが、550Gハマリあたりから狙ってもOKだろう。

 


 

【ゾーン狙い】
アツいゾーンなどは特に存在しないため、ゾーン狙いの立ち回りは通用しない。

目次へ戻る

 

設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い - [デッドマン・ワンダーランド]

【ART中にハズレが出現すればアツい!】
ART中のハズレ出現率は約1/4000~1/1000
高設定ほどハズレが出現しやすい。

確率分母が大きいためなかなか確認できる機会はないと思われるが、早い段階で一度でもART中のハズレが確認できたらしばらく粘ってみるべきだろう。

 


 

【「ボーナス合成」よりも「ART初当たり」に着目】
ボーナス合成出現率は、1/243~1/219と大して設定差がない。

対するART初当たり出現率には、そこそこの設定差が設けられていると思われる。
設定1で1/450前後、設定6で1/220前後といったところだろう。

よって、1/250程度かそれよりも良い確率でART初当たりが出現している台があれば高設定の期待が持てる。

目次へ戻る

 

高設定確定契機 - [デッドマン・ワンダーランド]

【中段チェリー+REG出現】
中段チェリーからのボーナス重複当選時にREG当選となれば、その時点で設定4以上が確定する。

なお、中段チェリーの確率は約1/4100。

目次へ戻る