≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

テラフォーマーズ
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

テラフォーマーズ 目次

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・ペナルティ等)

筺体・リール配列

ボーナス出現率・機械割

通常時の打ち方/通常時の小役確率

ボーナスについて/ボーナス中の打ち方

通常時の状態

ART「マーズラッシュ」

天井について

主な設定差・立ち回り一言アドバイス

ホール側の扱い方や反応/稼働状況/粗利

 

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・設定変更等)

【基本情報/機種概要】
●メーカー:京楽
●5号機
●「人間」と「進化したゴキブリ」との闘いを描いたマンガ「テラフォーマーズ」とのタイアップ機
●A+ART機
●ボーナス確率が約1/149~1/119と非常に軽い
●ボーナスは自力CZのような存在
●天井機能搭載

【導入日】
2016年6月20日

【機種タイプ】
ボーナスとARTの半々くらいでコインを増やすタイプ。

【技術介入要素】
ほとんどなし。
通常時とART中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。

【ペナルティ】
通常時、変則押しによるペナルティは存在しない。

【ARTの概要】
●1セット : 40G継続
●ART継続率 : 平均約80%(最高継続率は約97%)
●ART中の純増 : 1Gあたり約1.9枚

【ヤメ時】
●ボーナス後/ART後
10G~20Gほど回し、演出がおとなしいようならば前兆や高確の可能性が低いのでヤメてOK。

【天井】
通常状態で777G消化すると天井状態となり、以降のボーナス成立時にはART突入が確定する。
また、10連続で「ボーナス⇒ART突入せず」となると、次回ボーナス後は必ずARTに突入する。

【設定変更時】
天井到達までのゲーム数やスルー回数がクリアされる。

 

筺体・リール配列 - [テラフォーマーズ]

 

筺体 リール配列

(C)2016 KYORAKU SANGYO ALL RIGHTS RESERVED.
(C)貴家悠・橘賢一/集英社・Project TERRAFORMARS
(C)貴家悠・橘賢一/集英社・Project TERRAFORMARS R
(C)貴家悠・橘賢一/集英社
(C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

 

ボーナス出現率・機械割 - [テラフォーマーズ]

●黄BAR揃い
設定1 : 1/542
設定2 : 1/370
設定3 : 1/497
設定4 : 1/341
設定5 : 1/437
設定6 : 1/358

●青BAR揃い
設定1 : 1/383
設定2 : 1/524
設定3 : 1/356
設定4 : 1/475
設定5 : 1/328
設定6 : 1/358

●赤BAR揃い
設定1 : 1/449
設定2 : 1/434
設定3 : 1/415
設定4 : 1/397
設定5 : 1/375
設定6 : 1/358

●ボーナス合成
設定1 : 1/150
設定2 : 1/145
設定3 : 1/138
設定4 : 1/132
設定5 : 1/125
設定6 : 1/119

●ART初当たり
設定1 : 1/443
設定2 : 1/425
設定3 : 1/407
設定4 : 1/364
設定5 : 1/328
設定6 : 1/294

●機械割
設定1 : 97.9%
設定2 : 99.0%
設定3 : 100.3%
設定4 : 104.1%
設定5 : 107.8%
設定6 : 112.0%

 

通常時の打ち方/通常時の小役確率 - [テラフォーマーズ]

【通常時の打ち方】
左リール枠上or上段に黒7を狙う。
以降は、左リールの停止形により打ち分ける。

==中段にチェリーが停止した場合==
中段チェリー or 極限リプレイ。
中・右リールにも黒7を狙う。
黒7が揃えば極限リプレイ。

==下段にチェリーが停止した場合==
チェリー。
中・右リールは適当打ちでOK。

==上段にスイカが停止した場合==
スイカ or チャンス目。
中リールにも黒7を狙い、右リールは適当打ちでOK。

==下段に黒7が停止した場合==
中・右リールともに適当打ちでOK。
中段に「リプレイ・リプレイ・ベル」が揃えばチャンスリプレイ。
ベルが小V字で停止すればチャンス目。

 


 

【通常時の小役確率】
●リプレイ : 1/7.4

●チャンスリプレイ : 1/66

●極限リプレイ : 1/65536

●チェリー : 1/62~1/58(高設定ほど優遇)

●中段チェリー : 1/8192

●スイカ : 1/99~1/94(高設定ほど優遇)

●チャンス目 : 1/256

 

ボーナスについて/ボーナス中の打ち方 - [テラフォーマーズ]

【ボーナス概要】
ボーナス「テラフォーマーチャンス」は、黄BAR揃い、青BAR揃い、赤BAR揃いからスタート。
払い出し枚数が53枚を超えると終了。

ボーナス中はART抽選が行われる。
低確中のボーナスならば約33%、高確中のボーナスならば約50%でART当選へと繋がる。
超高確中のボーナスならば、ART+特化ゾーン突入が確定。

 


 

【ボーナス中の打ち方】
押し順ナビ発生時はそれに従う。
その他の場合は、通常時と同じく左リール上段付近に黒7を狙って消化。
左リールにスイカが停止したら、中リールにも黒7を狙い、右リールは適当打ちでOK。

 

通常時の状態 - [テラフォーマーズ]

テラフォーマーズの通常時には、「低確」・「高確」・「超高確」の3つの状態が存在する。
どの状態でボーナスを引くかによって、ボーナス中のART当選期待度が異なる。

 

ART「マーズラッシュ」 - [テラフォーマーズ]

【概要】
ARTは継続率方式。
1セット40G継続。
ART中の1Gあたりの純増枚数は約1.9枚。

 


 

【ART当選契機】
●ボーナス中のART抽選に当選

 


 

【ART中の液晶ステージ】
ART中は、滞在する液晶ステージによって継続期待度が異なる。
期待度は「合同1班 < 合同2班 < 合同1班&2班」の順。

 


 

【ART中のボーナス】
ART中にボーナス当選となると、テラフォーマーズチャンスに突入。
殲滅成功で、ARTストック確定。
一度のテラフォーマーズチャンスでのARTストック期待度は約50%。

 


 

【上乗せ特化ゾーン「極限人為変態バトル」】
極限人為変態バトルとは、1セット10G継続、平均継続率80%の上乗せ特化ゾーン。
ARTストックの上乗せが期待できる。

 


 

【ART継続バトル】
ARTゲーム数がゼロになると、継続バトルが発生。
滞在ステージに応じたバトルが発生し、勝利すればART継続となる。

 

天井について - [テラフォーマーズ]

テラフォーマーズには、天井機能が搭載されている。

通常状態で777G消化すると天井状態となり、以降のボーナス成立時にはART突入が確定する。
また、10連続で「ボーナス⇒ART突入せず」となると、次回ボーナス後は必ずARTに突入する。

なお設定変更時は、天井到達までのゲーム数やスルー回数がクリアされる。

 

主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [テラフォーマーズ]

●ボーナス(テラフォーマーチャンス)合成
設定1 : 1/150
設定2 : 1/145
設定3 : 1/138
設定4 : 1/132
設定5 : 1/125
設定6 : 1/119

●ART初当たり
設定1 : 1/443
設定2 : 1/425
設定3 : 1/407
設定4 : 1/364
設定5 : 1/328
設定6 : 1/294

 

ホール側の扱い方や反応/稼働状況/粗利 - [テラフォーマーズ]

 

■担当者 :
業界ライター『花火』

※2016/5/27更新(導入前)※

筐体の右上に、まさかのゴキブリ役物が付いているという事で注目されていた。
実際見たら、「超気持ち悪かった」というのが正直なところ・・・

しかも、ボタンの役割も果たしており、右ストレートでゴキブリをやっつけることが出来る
結構柔らかかった。

完全な出落ちかと思ったのだが、打ってみると結構面白い!
あとは、出玉とのバランスと、あの筐体を気味悪がって敬遠する人がどれだけいるかが問題になってくるだろう。

かなり攻めた筐体だが、映画やコンビニ、ツタヤとのコラボとプロモーションに相当気合が入っているので、京楽としてはかなりの勝負機械となっている。

 


 

※2016/7/1更新※

初週の平均IN枚数は22000枚と、最近の新台の中では相当良い部類に入る。
二週目に入った時点でもIN枚数19000枚弱と踏ん張りを見せている。

ゴキブリ役物は気持ち悪いが、打ってみると意外と面白い!
もしあの見た目で敬遠している方がいたら、勇気を出して打ってみるのもありだと思う。

粗利は6000~8000円ぐらい。
まあ、開発者がテラフォーマーズをしっかり読んでいたのかは甚だ疑問ではあるが・・・
スロットとしてはありだと感じた。