≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

ドラゴンギャル~双龍の闘い~
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

ドラゴンギャル~双龍の闘い~ 目次

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・ペナルティ等)

筺体・リール配列

ボーナス出現率・機械割

通常時の打ち方・通常時の小役確率

通常時の液晶ステージの役割

自力チャンスゾーン①「ムイムイチャレンジ」

自力チャンスゾーン②「双龍チャレンジ」

AT「双龍乱舞」

天井について

主な設定差・立ち回り一言アドバイス

 

損をしない為に知っておくべきポイント(注意点・ヤメ時・ペナルティ等)

【基本情報】
●メーカー:SNKプレイモア
●5号機
●初代からの伝統である「宝玉」がカギを握るゲーム性
●枚数管理型のAT特化機
●天井機能搭載

【機種タイプ】
ATのみでコインを増やすタイプ。

【技術介入要素】
ほとんど無し。
通常時とAT中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。

【ペナルティ】
●通常時
変則押しをするとペナルティが発生する場合がある。
押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。

●AT中
押し順ナビに逆らうとペナルティが発生する場合がある。

【1000円あたりの回転数】
約59G

【ATの概要】
●ストック方式+ゲーム数上乗せ方式
●初期ゲーム数 : 50G
●AT中の純増 : 1Gあたり約2.5枚

【ヤメ時】
●通常時/AT後
液晶が「森ステージ」ならば、自力チャンスゾーン「ムイムイチャレンジ」への突入が期待できるため、ステージ転落まで打ち続けるべき。

●雲上ステージ転落後
雲上ステージ引き戻し抽選が行われる。
転落してしまっても、10Gほど様子を見るべき。

【天井】
AT間で1616G消化 or ムイムイチャレンジ10連続スルーにより天井到達となり、前兆を経由してからATへ突入する。

【設定変更時】
天井到達までのゲーム数がクリアされる。査中。

 

筺体・リール配列 - [ドラゴンギャル~双龍の闘い~]

 

筺体 リール配列

(C)SNK PLAYMORE

 

ボーナス出現率・機械割 - [ドラゴンギャル~双龍の闘い~]

●AT初当たり
設定1 : 1/499.7
設定2 : 1/467.6
設定3 : 1/435.2
設定4 : 1/388.4
設定5 : 1/343.2
設定6 : 1/281.9

●機械割
設定1 : 97.6%
設定2 : 98.9%
設定3 : 100.8%
設定4 : 104.5%
設定5 : 109.2%
設定6 : 114.3%

 

通常時の打ち方・通常時の小役確率 - [ドラゴンギャル~双龍の闘い~]

【通常時の打ち方】
まず、左リールに「赤7・チェリー・赤7」を狙う。
以降は、左リールの停止形により打ち分ける。

==左リール中段にチェリーが停止した場合==
中段チェリー確定。

==左リール上段 or 下段にチェリーが停止した場合==
弱チェリー or 強チェリー。
中・右リールは適当打ちでOK。
右リール中段にベルが停止すれば弱チェリー、それ以外ならば強チェリー。

==左リール上段にスイカが停止した場合==
弱スイカ or 強スイカ or 強チャンス目。
中・右リールにはBARを狙う。
スイカが斜めに揃えば弱スイカ、上段に揃えば強スイカ。
スイカがハズれれば強チャンス目。

==左リール下段に赤7が停止した場合==
中・右リールともに適当打ちでOK。
中段に「ベル・リプレイ・リプレイ」が並べば弱チャンス目。
中段に「ベル・ベル・宝玉」が並べばバトル目。
「赤7・宝玉・宝玉」が並べば宝玉リプレイ。

※ペナルティについて※
変則押しをするとペナルティが発生する場合がある。
押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。

 

 


 

【通常時のレア小役確率】
●宝玉 : 1/128

●弱スイカ : 1/113

●強スイカ : 1/512

●弱チェリー : 1/133

●強チェリー : 1/410

●中段チェリー : 1/16384

●弱チャンス目 : 1/128

●強チャンス目 : 1/256

●バトル目 : 1/2980

 

通常時の液晶ステージの役割 - [ドラゴンギャル~双龍の闘い~]

【4つの液晶ステージ】
ドラゴンギャル~双龍の闘い~の通常時には、4つの液晶ステージが存在する。
滞在ステージによって、自力チャンスゾーン「ムイムイチャレンジ」への突入期待度が異なる。

ムイムイチャレンジ突入期待度は、「龍棲村 < 川 < 崖 < 森」の順。
森ステージならばムイムイチャレンジの期待大!

 


 

【宝玉獲得高確率ゾーン「雲上ステージ」】
上記4つのステージとは別に、「雲上ステージ」という、当機種の要である「宝玉」を高確率で獲得できるステージが存在。

雲上ステージへの移行抽選は、通常時のレア小役成立時に行われる。
雲上ステージ移行期待度は、「弱チェリー  チャンス目   弱スイカ  強チェリー  強スイカ」の順。

雲上ステージ中は、宝玉を獲得すると、液晶左にある「宝玉リボルバー」にストックされる。
ストックできる宝玉は最大6個。

宝玉を集めれば集めるほど、自力チャンスゾーン中の展開が有利になる。

なお雲上ステージ転落時には、雲上ステージ引き戻し抽選が行われる。
転落してしまっても、10Gほど様子を見るべき。

 

自力チャンスゾーン①「ムイムイチャレンジ」 - [ドラゴンギャル~双龍の闘い~]

ドラゴンギャル~双龍の闘い~には、「ムイムイチャレンジ」と呼ばれる自力チャンスゾーンが搭載されている。

 


 

【突入契機】
●規定ゲーム数消化

●通常時のレア小役成立時の自力チャンスゾーン抽選に当選

●宝玉を6個ストック

 


 

【ムイムイチャレンジ突入のメインは「規定ゲーム数消化」】
「AT後」・「ムイムイチャレンジ終了後」・「設定変更後」には、ムイムイチャレンジまでの規定消化ゲーム数振り分けが行われる。
規定ゲーム数は最大で約500G。

規定ゲーム数振り分けは、高設定ほど多少優遇されるが、ほとんど設定差はない。

レア小役の成立によって、規定ゲーム数の短縮抽選が行われる。
また、レア小役成立時にはムイムイチャレンジ直撃抽選も行なわれる。

 


 

【ムイムイチャレンジ概要】
ムイムイチャレンジ中は、貯めた宝玉の数だけバトルが発生。
バトルの対戦相手は、「大仏」か「鬼の門」。

バトル中のチャンスパターンは以下の通り。

●助っ人キャラ「リー」登場
●対戦相手として「大仏」が連続で出現

最終的にバトル勝利となればAT当選確定。
宝玉が無くなればムイムイチャレンジ終了となり、通常時へ戻る。

 

自力チャンスゾーン②「双龍チャレンジ」 - [ドラゴンギャル~双龍の闘い~]

ドラゴンギャル~双龍の闘い~には、「双龍チャレンジ」と呼ばれる自力チャンスゾーンが搭載されている。
こちらの自力チャンスゾーンの方がムイムイチャレンジよりも期待度が高く、一度の双龍チャレンジでのAT期待度は約52%となる。

 


 

【突入契機】
●通常時の双龍チャレンジ抽選に当選

 


 

【双龍チャレンジ概要】
基本10G継続で、赤7揃い成立でAT当選確定。
10G間一度も赤7カットインが発生しなければ、発生するまで双龍チャレンジ継続となる。

レア小役成立時も、AT抽選が行われている。

なお、貯まっている宝玉が少ない程AT当選期待度が高くなる。

 

AT「双龍乱舞」 - [ドラゴンギャル~双龍の闘い~]

ドラゴンギャル~双龍の闘い~には、「双龍乱舞」と呼ばれるAT機能が搭載されている。

 


 

【AT当選契機】
●自力チャンスゾーン中のAT抽選に当選

●通常時のレア小役成立時のAT抽選に当選

 


 

【ATの概要】
ATはストック方式+ゲーム数上乗せ方式。
1セット50G継続。

なおこのATには、「レア小役が引けずに駆け抜けてしまう」という悲しい展開を回避するため、「強制レア小役システム」というものが搭載されている。
特定ゲーム数の間レア小役が引けずにいると発動し、強制的にリール上にレア小役を出現させてくれる。

 


 

【2つの直撃上乗せ抽選】
AT中は、「ATゲーム数上乗せ抽選」と「ATセット数ストック抽選」の、2つの直撃上乗せ抽選が行われている。

●ゲーム数上乗せ抽選
レア小役成立時の上乗せ抽選に当選すれば、ゲーム数上乗せが発生する。
上乗せ後、さらに演出が発展すれば追加上乗せ確定。

●セット数ストック抽選
AT中に発生する「逆押し赤7カットイン」から赤7が揃えばセット数ストック確定。

 


 

【AT中の液晶ステージ】
AT中は、主に以下の3つの液晶ステージに滞在する。

●城外ステージ : 基本となるステージ

●城内ステージ : 功夫バトル高確率状態

●天ステージ : 宝玉獲得高確率状態

 


 

【天ステージ中のみ出現する可能性がある「黄金龍」】
天ステージ滞在中に、「黄金龍」が出現する場合がある。
この黄金龍に勝利することができればゲキアツで、以降は黄金龍が同行するようになる。

黄金龍同行中は、「直撃ゲーム数上乗せ」や「セット数ストック」など、すべての上乗せ性能がアップする。

黄金龍同行中の平均上乗せゲーム数は約130G。

 


 

【上乗せ特化ゾーン「功夫バトル」】
功夫バトルとは、1セット1~3G完結の上乗せバトルのこと。
AT中のレア小役の一部から突入する。

バトル中は、液晶上での攻撃や回避など、様々なタイミングで上乗せが発生。
継続抽選に漏れるまでバトルが継続する。

継続抽選に漏れて一旦終了となっても、宝玉を獲得していればセット継続となり、再度バトルが始まる。

 


 

【超上乗せ特化ゾーン「覚醒ラッシュ」】
覚醒ラッシュとは、4G継続で毎ゲーム上乗せが発生する超上乗せ特化ゾーン。
一度の覚醒ラッシュでの平均上乗せゲーム数は約200G。

突入契機は、「功夫バトル継続時の一部」 or 「功夫バトル終了時の一部」。

 


 

【AT引き戻しのチャンスとなる「金の卵チャンス」・「剛狐を倒せ!」】
●金の卵チャンス
ATゲーム数がゼロになった際の一部で、「金の卵チャンス」が発生する。
金の卵チャンスとは、6G継続で、上乗せ発生時は必ず50G以上上乗せされる。
なお、突入した時点で最低50Gの上乗せ保障あり。

●剛狐を倒せ!
ATゲーム数がゼロになった際の一部で、「剛狐を倒せ!」という継続バトルへ突入する。
功夫バトル中に倒した敵の数が多い程、この継続バトルへ突入しやすい。
バトル勝利でATへ復帰する。

 


 

【AT中の打ち方】
押し順ナビ発生時はそれに従って消化。
演出発生時は、スイカとチェリーをフォロー。
その他の場合は全リール適当打ちでOK。

 


 

【AT中の純増】
AT中は、1Gあたり約2.5枚のペースでコインが増加していく。

 

天井について - [ドラゴンギャル~双龍の闘い~]

ドラゴンギャル~双龍の闘い~には、天井機能が搭載されている。

AT間で1616G消化 or ムイムイチャレンジ10連続スルーにより天井到達となり、前兆を経由してからATへ突入する。

なお設定変更後は、天井到達までのゲーム数がクリアされる。

 

主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [ドラゴンギャル~双龍の闘い~]

●AT初当たり
設定1 : 1/499.7
設定2 : 1/467.6
設定3 : 1/435.2
設定4 : 1/388.4
設定5 : 1/343.2
設定6 : 1/281.9