≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

天元突破グレンラガン極
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

 

天元突破グレンラガン極 目次

 

 

 

 

機種概要

■導入日 : 2018年6月4日
■メーカー : スパイキー

筺体 リール配列

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通
(C)GAINAX・中島かずき/劇場版グレンラガン製作委員会
(C)Spiky (C)NANASHOW 製造元/株式会社スパイキー 開発/株式会社七匠

 


 

■A+RTタイプ
■ボーナスはBIGとREGの2種類
■ボーナス確率は1/299~1/182で、機械割は97.6%~114.1%
■BIG当選で約308枚、REG当選で約71枚獲得可能
■BIG後は約60%でRT200Gとなり、次回ボーナスなすまで続く無限RTも搭載
■ボーナスとRTのループ率は約40%
■BIG+RTの期待獲得枚数は約500枚となっており、REG+RTの期待獲得枚数は約230枚
■RTは「グレンラガンチャンス」・「超グレンラガンチャンス」・「超銀河グレンラガンチャンス」の3種類が搭載

目次へ戻る

 

天井/設定変更/ヤメ時

【天井】
天井は存在しない。

 


 

【設定変更時】
《作成中》

 


 

【ヤメ時】
いつヤメても良い。

目次へ戻る

 

ボーナス出現率/機械割

●ボーナス出現率
設定1 : 1/299
設定6 : 1/182

●機械割
設定1 : 97.6%
設定6 : 114.1%

目次へ戻る

 

通常時の打ち方/ボーナス中の打ち方/RT中の打ち方

【通常時の打ち方】
まず、左リール枠上 or上段にBARを狙う。
以降は、左リールの停止形により打ち分ける。

==左リール中段にチェリーが停止した場合==
中段チェリー。
中・右リール共に適当打ちでOK。

==左リール下段にチェリーが停止した場合==
弱チェリー or 強チェリー。
中・右リール共に適当打ちでOK。
右リールに中段にベル以外が停止すれば、強チェリー。

==左リール上段にスイカが停止した場合==
スイカ or チャンス目。
右リールを適当打ちした後に、中リールに青7を目安にスイカを狙う。
スイカがハズれればチャンス目。

==左リール下段にBARが停止した場合==
中・右リール共に適当打ちでOK。
ベルが上段に小Vの形で停止すればチャンス目。

 


 

【ボーナス中の打ち方】
BIG・REG共に残り10枚を切ったら、毎ゲーム右・中リールと逆押しで適当打ちした後、最後に左リールに3連Vを狙う。
この手順を実践しないとRTに突入しないので、しっかりと実践しよう。

 


 

【RT中の打ち方】
通常時の打ち方同様、レア役をフォローして消化すればOK。

目次へ戻る

 

ボーナスについて/ボーナス後のRT振り分け抽選

【ボーナスについて】
●BIG
赤V揃い or 青V揃い or 白V揃い。
獲得枚数は約308枚。
BIG+RTの期待獲得枚数は約500枚

●REG
「白V・白V・BAR」揃い。
獲得枚数は最大71枚。
REG+RTの期待獲得枚数は約230枚

 


 

【ボーナス後のRT振り分け抽選】
●BIG後のRT振り分け抽選
100G : 39.5%
200G : 58.7%
無限 : 1.8%

●REG後のRT振り分け抽選
100G : 84.9%
200G : 13.3%
無限 : 1.8%

目次へ戻る

 

小役確率

●レア役確率
約1/22.5

目次へ戻る

 

小役とボーナスの重複確率

本機には小役とボーナスの重複が存在。
成立役によるボーナス当選期待度は、「ベル < 弱チェリー < スイカ < チャンス目 < 強チェリー < リーチ目」の順。

目次へ戻る

 

3種類のRT「グレンラガンチャンス」・「超グレンラガンチャンス」・「超銀河グレンラガンチャンス」

本機にはRTが3種類存在し、どのRTに移行するかでRTのゲーム数が異なる。
それぞれのRTの規定ゲーム数は以下の通り。

●グレンラガンチャンス ⇒ 100G

●超グレンラガンチャンス ⇒ 200G

●超銀河グレンラガンチャンス ⇒ 無限

なお、ボーナス成立 or 規定ゲーム数消化でRT終了となる。

目次へ戻る

 

設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い

【ボーナス出現率】
ボーナス出現率は設定1と設定6で大きな差が存在。
ある程度回してみて、1/200より良い確率ならば、高設定に期待がもてそうだ。

●設定1 : 1/299
●設定6 : 1/182

目次へ戻る

 

高設定確定演出/設定示唆演出

《作成中》

目次へ戻る