オンラインカジノの違法性

どうも!
「パチスロ立ち回り講座」・「解析セブン」の管理人、クランキーです。

オンラインカジノ。
この言葉を聞いて真っ先に思い付くのは、

「やっても大丈夫なの?」

「違法じゃないの?」

こういった疑問だと思います。
僕もそうでしたから。

ところがオンラインカジノのユーザー数は、日本でもジワジワと伸び続けているようで、今やユーザー数は100万人を超えるとも言われています。

でも、謎ですよね。
オンラインカジノには常にダークなイメージが付きまとうのに、なぜここまで伸びているのか?と。そもそも違法じゃないのか?と。

パチンコ・パチスロと親和性や属性が近いので、気になっている方も多いかと思われます。

ということでこのコンテンツでは、オンラインカジノについての違法性や現状について、徹底的に調べた結果をまとめていきます。

オンラインカジノって違法じゃないの?

違法性

まず最初に浮かぶ疑問はこれですよね。
日本の場合、賭博行為は禁止されていますから。

 

本来なら禁止されているはずなのに、なぜオンラインカジノのユーザー数はうなぎ上りなのか?

この問いに対して、僕が知り得た答えを一言でまとめると・・・

 

オンラインカジノは、違法でも合法でもなくグレーなものであるため、「違法じゃないならやってみよう」という方が多いから

 

・・・となります。

 

つまり、パチンコ・パチスロでの換金行為と同じようなもの。

パチンコ・パチスロでの換金は、本来なら違法です。
しかし、「三店方式」と呼ばれる脱法的なやり方を活用し、かなり強引にグレーな存在へと仕立てあげています。

パチ屋 ⇒ 買い取りショップ ⇒ 問屋 ⇒ パチ屋 ⇒ 買い取りショップ・・・

という特殊景品の無限ループを作り出し、「パチ屋も買い取りショップも問屋も全部無関係ですよ~。その上で特殊景品を買い取ったり売ったりしているだけなんですよ~」という建前を守り通しています。

パチ屋のそばには、必ず特殊景品を買い取ってくれるショップがありますよね。
あれに関しても、「お客がパチンコ屋でもらった特殊景品を、偶然近くで見つけた特殊景品専門の買い取りショップに売ってお金を手にできた」という無理やりな解釈のもと、かろうじてグレーな行為として換金が成立しているわけです。

パチやスロで勝った時の換金は、決して「合法ど真ん中」というわけではありません。

 

オンラインカジノの違法性も、上記とほぼ同様です。

日本人は、海外でカジノに行っても違法とはなりません。
でも、日本にいながらカジノで遊べば違法です。

「じゃあオンラインカジノは? 日本にいながらカジノしてるよ?」

・・・とこうなるわけですが、多くのオンラインカジノは海外サーバーが胴元となっているため、胴元側を違法として逮捕することはできません。
胴元側は、しっかりライセンスを取り、その国の法律の下で真っ当にオンラインカジノを運営していることがほとんどなので。

賭博という罪は、「胴元」と「利用者」の双方が違法行為を犯していないと成立しないもの。
「かたや合法、かたや違法」では、原則として賭博にならないのです。

 

そういったわけで、2021年11月現在、オンラインカジノを取り締まるための法律がないため、合法とも違法とも言えない状態になっている、というのが実際です。

おそらく、今後も長らくこの状態が続くと思われます。
この問題は今までずっと放置されてきましたし、今となっては国内にカジノを作ろうとしてるわけですから、いきなりオンラインカジノだけを取り締まる新法が成立する可能性は低いでしょう。

それに日本という国は、パチンコ・パチスロしかり、グレーな存在に対して白黒つけることを避けたがる傾向にありますから。

オンラインカジノに詳しい弁護士の見解

■弁護士「津田岳宏氏」の見解

コールグリーン法律事務所代表でプロ雀士でもある津田岳宏弁護士は「海外でライセンスを取得しているオンラインカジノに関しては、基本的には処罰に値する違法性はないというのが私の考えだ」と話す。

~中略~

大きなポイントは、オンラインカジノが海外で合法的なライセンスを取得していたことだった。
賭博罪というのは、基本的には胴元、運営者を処罰するための法律で、海外で合法的なライセンスを取っている場合、処罰することができない。
それなのにお客さんだけを処罰するというのは本末転倒という言葉が一番当てはまる場面で、刑法が想定していない。

引用元 : オンラインカジノ 違法性の一方で摘発に難しさも 不起訴事案を担当した弁護士が語る“賭博罪の曖昧さ”
https://times.abema.tv/articles/-/7058141

 

■弁護士「中野秀俊氏」の見解

海外で賭博行為をしたものには適用されないというのが、賭博罪になります。

例えば、日本でオンラインカジノのシステムを作って、日本の会社が運営をしたら当然アウトです。
海外ではオンラインカジノのライセンスがある国があるので、そこでライセンスを取って、海外で運営する場合には、日本の法律は適用されませんからOKという話になります。

では、日本人がオンラインカジノをプレイする、ユーザーとして参加するのはどうなのでしょうか?
利用者は賭博罪にあたるのでしょうか?

これは非常に難しい問題があります。
なぜかというと、賭博というのは賭博を主宰する人と利用者がいて初めて成立するわけです。
賭博をする人だけがいても賭博にはなりませんから当然です。

~中略~

この場合に、例えば賭博を開いていた人が海外だったという場合は、賭博を開いていた人は日本の法律では無罪です。
つまり、賭博にはなりません。

引用元 : オンラインカジノって違法?合法?弁護士が解説
https://note.com/growwill/n/n2a37ddee8da7

 

■弁護士「宮本健太氏」の見解

ライセンス取得国において賭博が合法であれば、胴元は処罰されないこととなります。
胴元が処罰されないにもかかわらず、利用者が処罰されるのは不均衡であるともいえます。

そのため、賭けた金額などにもよると思いますが、少なくとも違法性が低いとして、仮に捜査が及んだとしても不起訴になる可能性が十分にあるといえます。

引用元 : オンラインカジノは違法?それとも合法?重要ポイントを解説
https://best-legal.jp/online-casino-illegal-29350/

 

以上、弁護士による代表的な見解でした。

 

上記見解の要点を段階的にまとめると、、、

 


ライセンスを取得した完全な海外運営のオンラインカジノは違法性なし

 

賭博罪は、「賭博の胴元」と「利用者」がいて初めて成立するものなので、片方だけを罪に問うことは原則できない

 

合法である海外のオンラインカジノを立件することなどできないので、利用者を罪に問うのはおかしい

 

とはいえ利用者は、日本国内でカジノで遊んでいる事実もあるため、法的な判断が難しい

 

つまりはグレー

 

 

・・・というところに着地します。

 

なお、「オンラインカジノは完全な違法だ」と主張している弁護士の見解も探したのですが、見つかりませんでした。

現時点では、違法だと断言することはできないということなのだろうと思われます。

グレーゾーンの曖昧さ

グレーゾーン

グレーなもの、という点について、もう少し詳しく語らせていただきます。

 

オンラインカジノに限らず、日本ってグレーなものが多いんですよね。

パチンコ・パチスロがその代表格。
前述の通り、三店方式という苦し紛れな方法でなんとかグレーな状態を維持しています。

その他にも・・・

例えば、日本は軍隊を持っちゃいけないのに、自衛隊がある。
例えば、日本では売春行為が禁止されているのに、ソープランドがある。

それぞれ、本来ならば違法ですが、パチ屋の三店方式のように、「抜け穴」や「解釈の変更」を使ってグレーな存在に留めています。

 

ここからはあくまで僕個人の意見ではありますが、今現在、日本という国も日本国民もグレーゾーンにあるものを多く容認している状態である以上、他人に迷惑をかけず、道徳にも反しないのであれば、グレーなものも呑み込んでOKだと考えています。

ですので僕は、オンラインカジノをやっている人たちに対してネガティブな感情は一切ありませんし、それどころか、僕自身もオンラインカジノに対して強い興味があります。
ここ最近では、どのオンラインカジノでプレイしようかと選んでいたくらいですから。

 

オンラインカジノは、他人に迷惑をかけませんし、道徳に反する部分もありません。

「ギャンブル自体が道徳に反するじゃないか!」というご意見もあるかもしれませんが、そうなりますと、競馬や競輪といった公営ギャンブルもすべて道徳に反することになってしまいます。

つまり、ギャンブル自体は道徳に反しないわけです。
国がそう認めているのですから。

グレーなものの場合、人に迷惑をかけず、道徳にも反さないのならば、個人的に楽しむ分には問題ないというのが僕の価値観です。

適当なオンラインカジノ選びをすると痛い目を見る

オンラインカジノ

ということで、オンラインカジノに強い興味を持っている僕ですが、遊ぶ時には、「これだけは肝に銘じよう」と思っていることがあります。

それは、「プレイするオンラインカジノを適当に選んじゃ駄目」ということ。

「ちゃんと、信頼できる国のライセンスを取得しているのか」
「勝ったお金についての出金トラブルはないか」
「イカサマをするカジノではないか」

などなど、確認しないといけない部分がいくつもあります。

実際、こうしたトラブルが起こっているオンラインカジノも多くあるようですので。
世界中にオンラインカジノは数千とあるため、変なところに引っ掛からないようにすべきでしょう。

 

僕の場合、調べまくった結果、「ベラジョンカジノ」というところが一番良いのでは、という結論に至りました。

選んだ理由は以下の通り。


■日本で最も人気がある(=それだけ問題なく運営されているということ)

上場企業が運営しているため信頼性が高い

■サッカーの「吉田麻也選手」がベラジョン無料版のアンバサダー

■入金や出金の方法が多数あり便利で、かつ処理が早い

 

こういったところに惹かれ、ここなら安全だろうと確信しました。

最近では、老舗ラジオ番組「オールナイトニッポン」のスポンサーにもなっていますし。

試しにやってみた

ということで、オンラインカジノというものが一体どんなものなのか、ベラジョンカジノにてまずは無料プレイで遊んでみました。

やってみたのは、こちらの公式ページのゲーム一覧の3段目にある「ハワイアンドリーム」というゲーム。

 

ベラジョン

 

ハナハナのハイビスカスを彷彿とさせるアイコンに、吸い寄せられるようにクリックしてしまいました。

 

早速プレイを開始してみると、やはりハナハナのような感覚。
スタートボタンのみで、リール停止ボタンはありませんが、「ハイビスカスを光らせればいい」というところがもう完全にハナハナです。

 

 

光れ、光れ、と念じながら回していくと・・・

 

 

気持ちいいっ・・・

やっぱり、ハナが光って7が揃うっていうのは、パチスロだろうとオンラインカジノだろうと気分がいいものです。

ハワイアンドリームを無料で遊んでみる >

最後に

以上、オンラインカジノについての考察&体験記事でした。

今回いろいろと調べ、実際に体験までしてみたことで、日本でもオンラインカジノのユーザー数が増えているという理由がよくわかった気がします。

ゲーム画面を開いた時に、なんだかワクワクするんですよね。
まだ頻繁にパチスロを打っていた頃の、朝イチにホールへ入場した時の高揚感と言いますか。

ただし、わりとさくさくゲームが進んでしまうので、お金の使い過ぎだけは気を付けなければいけません。

やる場合は、節度を持って。
これが大原則です。

パチンコ・パチスロ同様、過度なのめり込みだけには要注意です!!