≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

【押忍!番長3】
番長ボーナス中の法則

 

概要

番長ボーナス中には、様々な法則が存在。
ストック確定パターンや、次回高モード示唆などもあるため覚えておくとよい。

轟番長ボーナス

【小役告知演出】
小サイズの小役シンボル出現パターンには法則が存在。
以下の法則が発生すれば、7揃い信頼度50%以上。

●小サイズの小役シンボルが左から出現 ⇒ 「リプレイ」・「ベル(左リールがベル・弁当・ベル)」否定
●小サイズの小役シンボルが右から出現 ⇒ 「MB」・「ベル(左リールがベル・弁当・ベル)以外のベル」・「弁当箱」否定
●小サイズのチェリーシンボル出現

【7揃い濃厚の法則】
●股のぞき演出でベル

【7揃い確定の法則】
●小チャンス目シンボル(左右どちらも)
●ドデカ弁当
●ドデカベルでベル(左リールがベル・弁当・ベル)成立
●股のぞき演出でリプレイ
●股のぞき演出2停で小役告知

【ダブルシンボルの法則】
●左右同一ナビは期待度90%以上
●右の方だと大チャンス
●「チェリー&ベル」は出た時点で7揃い確定
●「ベル&弁当」は出た時点で7揃い確定
●「弁当&ベル」はベルだったら7揃い確定

【パンダ対決演出】
●順押しナビで大チャンス
●順押しでコパンダじゃなければ7揃い確定

薫番長ボーナス

あッちッちタイム中の法則については以下の通り。

●(超)あッちッちタイムは7G継続
●あッちッちタイム突入で期待度約20%
●超あッちッちタイム突入で期待度約80%
●ベルで超あッちッちタイム突入は7揃い確定
●残8G以上あるときにチャンス目を引いてあッちッちタイムに行かなければ確定

操番長ボーナス

操BBの最終ゲームでは「コパンダノミルーレット」が発生し、4枚のカードが表示される。

カードの組み合わせパターンは全部で13種類。
このカードの組み合わせパターンによって、以下のようなことがわかる。

■パターン「1」・「6」は、7揃い期待度が50%以上
■パターン「9」は、7揃い期待度90%以上(ハズレても次回天国)
■パターン「2」・「7」・「10」・「11」・「12」・「13」は、7揃いしていたことが確定(=カード獲得確定)
■パターン「13」は、ストック3個以上+次回天国

カードの組み合わせパターンは以下の通り。

■パターン1
ハズレ・ハズレ・赤カード・ハズレ

■パターン2
ハズレ・ハズレ・青カード・ハズレ

■パターン3
ハズレ・赤カード・ハズレ・赤カード

■パターン4
ハズレ・赤カード・ハズレ・青カード

■パターン5
ハズレ・青カード・ハズレ・赤カード

■パターン6
ハズレ・青カード・ハズレ・青カード

■パターン7
ハズレ・赤カード赤カード赤カード

■パターン8
赤カード・ハズレ・赤カード青カード

■パターン9
青カード・ハズレ・青カード青カード

■パターン10
赤カード赤カード赤カード赤カード

■パターン11
赤カード赤カード青カード青カード

■パターン12
青カード青カード青カード青カード

■パターン13
爆弾爆弾爆弾爆弾

押忍!番長3の機種解析情報メニュー

■機種概要/スペック/機械割/導入日/筐体/リール配列

■小役確率

■天井ゲーム数や恩恵

■設定変更・リセット時の挙動や恩恵

■ゾーン狙い

■やめ時

■打ち方(通常時・ART中・番長ボーナス中)/変則押し時のペナルティ

■対決演出での勝利期待度/対決モード/ベル天井

■対決発展までの流れ/対決演出の昇格抽選

■対決振り分け抽選

■通常時の対決カウンターモード移行率

■ART中の対決カウンターモード移行率

■レア小役成立時の対決発展抽選

■対決前兆の特徴

■対決演出中のART抽選

■番長ボーナス/超番長ボーナス概要

■通常時の番長ボーナス直撃当選率/裏番長ボーナスの確率と恩恵

■番長ボーナス当選時の振り分け/番長ボーナス中の7揃い期待度

■番長ボーナス中の法則

■ART「頂JOURNEY」概要/ART終了画面/引き戻し

■ART初当たり時のモード振り分け/番長ボーナス後のモード移行抽選

■ART初当たり時のループストック抽選/ART中対決勝利時のループストック振り分け

■ART中のBBカウンターによる抽選

■上乗せ特化ゾーン「絶頂対決」の抽選確率と恩恵/平均上乗せ

■ART中の演出による対決潜伏示唆・残りARTストック個数示唆など

■裏モードとは/裏モード滞在示唆

■ベル回数別の期待値

■設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い

■設定示唆演出/高設定確定契機/ART終了画面

■試打レポート

■設定6試打実戦

■FXブログもやってます【運営歴10年超えの姉妹ブログ】 5万円から始めるFX

スロットとFXは共通点が多く、「スロットからFXへ移行した」なんて人もいるほど。

こちらのページでは、5万円からFXを始めるためのコツや立ち回りについて、ど素人でも分かるよう徹底解説しています。

⇒5万円からはじめるFX