≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

ハナビ通
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

 

ハナビ通 目次

 

 

 

 

▼パチスロ動画も作ってます!▼ ↓  ↓  ↓

 

機種概要

■導入日 : 2019年5月20日
■メーカー : アクロス

筺体 リール配列

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 


 

■A+RTタイプ
■前作「ハナビ」が、「勝負感を刺激するスペック」へと進化して登場
■通常時のゲーム性などは、基本的に前作を踏襲
■設定5段階制
■設定Hはエクストラ設定で、50枚あたりのコイン持ちが約7,728G、つまり1,000円で丸一日打てる
■REG中にも技術介入要素が追加
■ボーナスは2種類で、最大純増311枚のBIGと、最大純増116枚のREG
■BIG後は、最大40G継続のRTへ突入

目次へ戻る

 

天井/設定変更/ヤメ時

【天井】
天井は存在しない。

 


 

【設定変更時】
特典などは特に存在しない。

 


 

【ヤメ時】
いつヤメてもOK。

目次へ戻る

 

ボーナス出現率/機械割

 

設定
BIG
REG
1
1/312.1
1/385.5
2
1/303.4
1/364.1
5
1/287.4
1/337.8
6
1/268.6
1/312.1
H
1/1260.3
1/1260.3
設定
ボーナス合成
機械割
1
1/172.5
97.8~100.5%
2
1/165.5
100.0~102.7%
5
1/155.3
103.5~106.2%
6
1/144.4
107.3~110.0%
H
1/630.2
108.9~110.9%
設定
50枚あたりの回転数
1
34.2G
2
34.7G
5
35.4G
6
35.7G
H
7728.3G

※数値はすべて独自調査値

目次へ戻る

 

通常時の打ち方/ボーナス中の打ち方

【通常時の打ち方】
まず、左リール枠上 or 上段にBARを狙い、右リールは適当打ち。

左リールにチェリーが出現した場合は、中リールも適当打ちでOK。
左リール下段にチェリーが停止した場合は「特殊チェリー」。
ボーナスとの重複当選の期待が持てる。

氷がテンパイしたら、中リール中段付近に赤7を狙う。
ただし、左消灯+右点灯の場合は氷が揃う事はないので、中リール適当打ちでOK。
なお、氷とボーナスとの重複はない。

上記以外の場合は、中リール適当打ちでOK。

 


 

【BIG中の打ち方】
一度だけ左リール中段に赤7をビタ押しし、14枚役を獲得する。
14枚役獲得のタイミングはいつでもよい。

一度14枚役を獲得できたら、以降はすべて15枚役で獲得する。
逆押し適当打ちで15枚役獲得となる。

 


 

【REG中の打ち方】
一度だけ左リール中段に赤7をビタ押しし、14枚役を獲得する。
14枚役獲得のタイミングはいつでもよい。

一度14枚役を獲得できたら、以降は順押しで左リールに赤7を避けつつ消化していく。

目次へ戻る

 

ボーナスについて

【BIG】
赤7揃い、ドンちゃん揃い。
払い出し枚数が344枚を超えると終了、純増枚数は最大311枚。
終了後は必ずRT「花火チャレンジ」へ突入。

 


 

【REG】
BAR揃い、「赤7・赤7・BAR」揃い。
払い出し枚数が119枚を超えると終了、純増枚数は最大116枚。

目次へ戻る

 

2つのRT「花火チャレンジ」・「花火ゲーム」

ハナビには、「花火チャレンジ」・「花火ゲーム」と呼ばれる2種類のRT機能が搭載されている。

 


 

【花火チャレンジ】
BIG後に必ず突入するRTで、技術介入要素あり。
リプレイハズシを駆使しつつ延命し、次なるRT「花火ゲーム」を目指す。

花火チャレンジは最大20G継続で、1Gあたりの純増は約0.3枚。

前作の花火チャレンジとの違いは、「リプレイハズシのナビが出ず、常に変則押しをする必要がある」ということ。

 


 

【花火チャレンジ中の打ち方(残り8G以上の場合)】
まず、中リール枠内にいずれかの氷を狙い、右リールは適当打ち。
以降は、中・右リールの停止形により打ち分ける。

==中段にリプレイがテンパイした場合==
左リール枠上or上段にBARを狙ってリプレイハズシを行なう。

==氷がテンパイした場合==
左リール枠内に3連ドンを狙って氷をフォローする。

==中リール中段にリプレイ以外が停止した場合==
左リールにチェリーを狙う。

 


 

【花火チャレンジ中の打ち方(残り7G以下の場合)】
通常時と同じ打ち方で消化。

 


 

【花火ゲーム】
花火チャレンジ中に移行リプレイが揃うと突入する。
20G継続で、1Gあたりの純増は約0.5枚。

ここでは特に技術介入要素はなし。
演出発生時に通常時と同じ打ち方をするだけ。
演出がない場合は適当打ちでOK。

目次へ戻る

 

設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い

 

設定
BIG
REG
1
1/312.1
1/385.5
2
1/303.4
1/364.1
5
1/287.4
1/337.8
6
1/268.6
1/312.1
H
1/1260.3
1/1260.3
設定
50枚あたりの回転数
1
34.2G
2
34.7G
5
35.4G
6
35.7G
H
7728.3G

目次へ戻る

 

高設定確定演出/設定示唆演出

【50枚あたりの回転数】
エクストラ設定である「設定H」は、1,000円分回すだけで確実に見抜くことができる。
50枚あたりの回転数が「約7,728G」という、ほぼ丸一日回せるレベルのコイン持ちだからだ。

「朝一はまずハナビ通から」という打ち手が続出するかもしれない。

目次へ戻る