FX投資

パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI-EVOLUTION ZERO
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

機種概要

■導入日 : 2019年12月16日
■メーカー : サミー

筺体 リール配列
筐体 リール配列

(C)2017 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)Sammy

 


 

■疑似ボーナス+ATタイプ
■エウレカシリーズ初の6号機
■BIGは2種類で、ハイパーBIGなら約255枚、ノーマルBIGなら約170枚
■REGは前半パート(20G)+後半パート(5G)の2部構成で、前半はBIG昇格、後半は押し順当てによるAT当選を目指す
■自力CZ「コンパクカウントチャンス」は、コンパクカウンターの分子を加算&分母を減算できるCZ
■AT「コーラリアンモード」は純増約1.8枚/G、1セット30G継続
■AT中にBIGを3回引けば、継続ストック超高確率AT「SPEC3 MODE」へ突入
■「HI-EVO MODE」は、BIG超高確率状態となる本機最強の特化ゾーン

目次へ戻る

天井/設定変更/ヤメ時

天井

■仮天井
303G消化で仮天井到達となり、疑似ボーナス抽選が行われる。
当選時はBIG確定。

■天井
707G消化で天井到達となり、BIG当選+ATレベル2以上が確定する。
ただしATレベルは、ATに当選しないと意味がない。

設定変更時

≪作成中≫

ヤメ時

■疑似ボーナス後/AT後
有利区間移行時には「コンパクカウントチャンス(KCC)確定」・「ATレベル抽選」・「KCC高確移行抽選」が行われるので、20~30G様子を見るべき。
演出がおとなしいようならばヤメてOK。

目次へ戻る

ボーナス出現率/機械割

※ボーナス出現率は通常時の初当たり

設定
エピソードBIG
BIG
1
1/7559.1
1/579.0
2
1/6740.5
1/557.0
3
1/4636.0
1/517.9
4
1/3194.8
1/461.4
5
1/2295.4
1/424.5
6
1/1687.6
1/327.7
設定
REG
AT出現率
1
1/957.3
1/365.7
2
1/898.1
1/342.6
3
1/865.2
1/330.2
4
1/784.7
1/282.3
5
1/780.4
1/265.5
6
1/728.0
1/220.3
設定
機械割
1
98.0%
2
98.8%
3
100.5%
4
104.3%
5
107.1%
6
111.2%

目次へ戻る

通常時の打ち方/疑似ボーナス中・AT中の打ち方

通常時の打ち方

まず、左リール枠上 or 上段にBARを狙う。
以降は、左リールの停止形により打ち分ける。

==左リール中段にチェリーが停止した場合==
中段チェリー。
中・右リールにもBARを狙う。

==左リール下段にチェリーが停止した場合==
弱チェリー or 強チェリー。
中リール適当打ち後、右リールにはいずれかのボーナス図柄を狙う。
右リール中段にボーナス図柄が停止すれば強チェリー、それ以外の場合は弱チェリー。

==左リール上段にスイカが停止した場合==
弱スイカ or 強スイカ or チャンス目。
中・右リールともにBARを狙う。
スイカが右下がりに揃えば弱スイカ、平行に揃えば強スイカ。
何も揃わなければチャンス目。

==左リール下段にBARが停止した場合==
中・右リールともに適当打ちでOK。
フラッシュが発生すればチャンス目。

疑似ボーナス中/AT中の打ち方

押し順ナビ発生時はそれに従う。
演出発生時は、通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。

その他の場合は適当打ちでOK。

目次へ戻る

小役確率

※すべて設定1の数値

※弱レア小役とは、「弱チェリー」・「弱スイカ」のこと

※強レア小役とは、「強チェリー」・「強スイカ」・「チャンス目」のこと

設定
リプレイ
弱チェリー
1
1/9.6
1/63.6
設定
中段チェリー
弱スイカ
1
1/5461.3
1/59.6
設定
弱レア小役合成
強レア小役合成
1
1/30.8
1/464.8

目次へ戻る

通常時の液晶ステージ/前兆ステージによるATレベル示唆

通常時の液晶ステージ

通常時の液晶ステージは「月光号談話室」・「ユカタン」・「ブリッジ」の3種類。
ブリッジステージならば、自力CZ「コンパクカウントチャンス」の当選に期待が持てる。

前兆ステージによるATレベル示唆

前兆ステージは4種類存在。
ステージによってATレベル(1~4)が示唆される。

期待度は「ニルヴァーシュモード < 303モード < スピアヘッドモード < theENDモード」の順で、期待度が高いステージほど高いATレベルに期待できる。

なおATレベルは、AT初当たり時の獲得期待枚数に影響を及ぼす。
※ATレベルは、疑似ボーナスorATに当選するまで転落しない

コックピットステージ

コックピットステージに移行すれば疑似ボーナス確定。
LFOの種類によってATレベルが示唆される。

期待度は「ニルヴァーシュ(エウレカ&レントン) < 303(ホランド) < スペアヘッド(チャールズ) < theEND(アネモネ)」の順で、期待度が高いステージほど高いATレベルに期待できる。

目次へ戻る

コンパクカウンター/周期抽選

コンパクカウンターの仕様

コンパクカウンターとは、リール左にある以下の画像のもの。
それぞれの数字の意味は以下の通り。

コンパクカウンター

■赤枠で囲った部分
「周期数」を表す部分で、画像のように「2nd」となっている場合は「2周期目」ということ。
分子が分母に到達すると1周期分消化となる。
周期消化ごとに「疑似ボーナス抽選」&「ATレベルの昇格抽選」が行なわれる。

■オレンジ枠で囲った部分
「分子」を表す数字で、周期ごとにリセットされる。
ハズレ・リプレイ・レア小役・KCCで加算抽選が行われる。

■青枠で囲った部分
「分母」を表す数字で、疑似ボーナスに当選するまで引き継がれる。
KCCで減算抽選が行われる。

周期到達時の抽選

コンパクカウンターの「分子」が「分母」の数に到達すると、周期到達となる。
周期到達時は、「疑似ボーナス抽選」&「ATレベルの昇格抽選」が行われる。

天井的な存在である「10周期目」を除けば、「7周期目」が大チャンスとなる。

≪記号の期待度≫
○ : チャンス
◎ : 大チャンス
★ : 疑似ボーナス+AT当選濃厚

移行先モード
奇数設定
偶数設定
1周期目
2周期目
3周期目
4周期目
5周期目
6周期目
7周期目
8周期目
9周期目
10周期目

目次へ戻る

コンパクカウントチャンス(KCC)

概要

コンパクカウントチャンス(KCC)とは、コンパクカウンターの分子を加算&分母を減算できる自力CZ。
約1/63.3(設定1)で出現する。

KCC突入契機

■有利区間移行時

■通常時(高確中以外)のレア小役成立時の25%

■高確中のハズレ時のKCC抽選に当選

KCC中の遊技解説

KCC

■赤枠部分(①)について
獲得できるコンパクカウンターの原資部分。
「+120」の部分が分子の加算値、「-50」の部分が分母の減算値。

■青枠部分(②)について
ハズレ or ベルならKCC継続。
左側の「②」がハズレでの加算値&減算値、右側の「②」がベルでの加算値&減算値。
ハズレかベルを引いて継続となった場合は、ハズレなら左の「②」の数字、ベルなら右の「②」の数字を、「①」に上乗せ。

■オレンジ枠(③)について
リプレイ or レア小役ならKCC終了。
「③」の内容に応じた配当で「①」の値を獲得。
「疑似ボーナス」・「AT」・「HI-EVO MODE」をツモる場合もあり。

アイコンによる恩恵

アイコン
恩恵
青V到達
疑似ボーナス確定
赤V到達
BIG確定
虹V到達
BIG+AT確定
HI-EVOロゴ到達
HI-EVOモード確定

KCCの種類

KCCには、性能の異なる3つの種類が存在。
各KCCの特徴は以下の通り。

種類
恩恵
初回KCC
有利区間移行時に突入するKCC。
ベル揃い時の「2倍」は存在しないものの、安定的に分子・分母を獲得できる。
通常KCC
通常時に突入するKCC。
ベル揃い時の45%で分子が2倍となる。
紫KCC
通常時に当選したKCCの一部で突入するプレミア的なKCC。
終了時恩恵が「×2」or「×3」or「×4」となる。

目次へ戻る

通常時のATレベル示唆演出

LFO通過演出によるATレベル示唆

■ニルヴァーシュ
特に示唆は無い

■303(灰色のLFO)
・1周期目に出現すればATレベル2以上確定
・2周期目以降に出現した場合はATレベル2以上を示唆

■スペアヘッド(青色のLFO)
・2周期目までに出現すればATレベル3以上確定
・3周期目以降に出現した場合はATレベル3以上を示唆

■theEND(黒色のLFO)
・3周期目までに出現すればATレベル4確定
・4周期目以降に出現した場合はATレベル4を示唆

前兆ステージによるATレベル示唆

■ニルヴァーシュ ⇒ ATレベル1以上確定

■303 ⇒ ATレベル2以上確定

■スペアヘッド ⇒ ATレベル3以上確定

■theEND ⇒ ATレベル4確定

会話演出によるATレベル示唆

■チャールズとレイの会話演出発生 ⇒ ATレベル3を示唆

■アネモネとドミニクの会話演出発生 ⇒ ATレベル4を示唆

※いずれも「前兆中以外」の場合に限る

目次へ戻る

疑似ボーナス

ハイパーBIG

赤7揃い。
チャンスゲーム3回+JAC3回。
獲得枚数は平均で約255枚。

ノーマルBIG

白7揃い。
チャンスゲーム2回+JAC2回。
獲得枚数は平均で約170枚。

エピソードBIG

BIG時の一部で突入するプレミア的な疑似ボーナス。
エピソードBIGが発生した時点でAT確定。

エピソードBIG出現率には大きな設定差があるため要チェック。

BIG中の抽選

BIG中は、「SPバトル」の勝利期待度アップ抽選が行われる。
SPバトルへは、BIG終了後に突入する。

なお、7揃いとなればもちろんAT確定だ。

SPバトル

BIG後は必ずSPバトルへ突入。
勝利期待度は、BIG中の抽選結果によって異なる。

ホランドが勝利すればAT確定。

なお、AT中のBIG後のSPバトルに勝利すれば、「EX JAC」へ突入。
EX JACはループタイプのJACで、1JAC15G継続&50%ループとなっている。

REG

「白7・白7・赤7」揃い。
「20Gの前半パート」と「5Gの後半パート」の2部構成。

前半パートでは、BIG昇格を目指す。
セブンチャンス成功でBIG昇格確定。

後半パートでは、ベルの押し順当てに挑戦。
3回以上正解すればAT確定。

目次へ戻る

AT「コーラリアンモード」

概要

AT「コーラリアンモード」は、純増約1.8枚/G、1セット30G継続。
セット数ストック方式となっている。

AT当選契機

■疑似ボーナス中のAT抽選に当選

■通常時の「ねだるな勝ち取れ」成功
※通常時に発生する押し順当て
※「ねだるな勝ち取れ」で当選した場合は、2個以上のストックが確定

ATレベルの役割

ATレベルは1~4の4段階。
ATでの獲得期待枚数に影響を与える。

ATレベルは、出撃するLFOによって示唆される。

LFO
ATレベル示唆
ニルヴァーシュ(レントン)
ATレベル1以上
303(ホランド)
ATレベル2以上
スペアヘッド(チャールズ)
ATレベル3以上
theEND(アネモネ)
ATレベル4

各ATレベルによる「恩恵」と「獲得期待枚数」は以下の通り。

ATレベル
恩恵
獲得期待枚数(※設定1)
1
無し
約600枚
2
AT1回継続+0.4%ループ
約830枚
3
AT1回継続+25%ループ
約900枚
4
AT1回継続+50%ループ+高確AT優遇
約1100枚

ATレベル移行抽選

通常時は、ATレベルの昇格抽選のみ行われる。
AT中は、ATレベルの転落抽選のみ行われる。

通常時のATレベル昇格関連
昇格契機
備考
有利区間開始時
有利区間開始時にATレベルが決定。
基本的にはATレベル1からスタートする。
ATレベル2以上からスタートした場合は、1周期目の疑似ボーナス抽選が優遇される。
周期ガセ前兆終了時
周期抽選で疑似ボーナス非当選となった場合はATレベル昇格抽選が行われる。
つまり、ハマっている台は高いATレベルに期待が持てる。
707G天井到達時
BIG当選+ATレベル2以上が確定。
ただし、ATに当選しないとATレベルの意味がなくなる。

 

AT中のATレベル転落関連
昇格契機
備考
セット終了時
ファイナルチャンス終了時にATレベル転落抽選が行われる。
ATレベルが高いほど転落率が低くなる。

AT中の液晶ステージ

AT中の液晶ステージによって、エアリアルチャンス当選期待度が異なる。
期待度は「遠距離 < 近距離 < ファイナルチャンス」の順。

エアリアルチャンス

エアリアルチャンスは、BIG当選を懸けた自力CZ。
AT中は、このエアリアルチャンス突入を目指すのが主なゲーム性となる。

AT中のエアリアルチャンス当選率は以下の通り。

低確中
設定
弱チェリー/弱スイカ
強チェリー/強スイカ/チャンス目
1
30.0%
50.0%
2
26.3%
3
29.2%
4
25.0%
5
28.8%
6
22.1%

 

高確中
設定
弱チェリー/弱スイカ
強チェリー/強スイカ/チャンス目
1
66.7%
100%
2
3
4
5
6

AT中のエアリアルチャンスとBIGの出現率は以下の通り。

設定
エアリアルチャンス
BIG
1
1/41.6
1/91.6
2
1/43.7
1/97.3
3
1/42.4
1/93.6
4
1/44.1
1/97.6
5
1/42.2
1/91.5
6
1/51.8
1/119.8

エアリアルチャンスは5G保障。

コーラリアンを100体撃破すればBIG確定。

失敗に終わっても、撃破数を次回のエアリアルチャンスに持ち越しつつ、残りATゲーム数が30Gに再セットされる。

SPEC3 MODE

AT中に3回BIGを引ければ、純増が跳ね上がる「SPEC3 MODE」に突入。
純増は約4.5枚/Gで、1セット10G継続。

消化中は、毎ゲーム全小役にて超高確率で「SPEC3 MODE継続ストック」の上乗せ抽選が行われる。

なお、SPEC3 MODE突入時のエンディング到達率は約40%。

本機最強特化ゾーン「HI-EVO MODE」

HI-EVO MODEとは、BIG超高確率状態となる本機における最強の特化ゾーン。

突入契機は以下の通り。

■KCCのごく一部
■アドロックの「ねだるな勝ち取れ」に成功
■REG開始時にフリーズ発生

継続ゲーム数は「エピソード30G」+「100G」。
純増は約1.8枚/G。

HI-EVO MODE中のBIG確率は約1/23。

目次へ戻る

設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い

疑似ボーナス出現率に設定差が存在。
特に「エピソードBIG」の設定差はかなり大きい。

設定
エピソードBIG
BIG
1
1/7559.1
1/579.0
2
1/6740.5
1/557.0
3
1/4636.0
1/517.9
4
1/3194.8
1/461.4
5
1/2295.4
1/424.5
6
1/1687.6
1/327.7
設定
REG
1
1/957.3
2
1/898.1
3
1/865.2
4
1/784.7
5
1/780.4
6
1/728.0

目次へ戻る

高設定確定演出/設定示唆演出

サミートロフィーによる設定示唆

従来のサミー機種の流れ通り、以下のサミートロフィーによる設定示唆は健在。

■銅 ⇒ 設定2以上確定

■銀 ⇒ 設定3以上確定

■金 ⇒ 設定4以上確定

■キリン柄 ⇒ 設定5以上確定

■レインボー ⇒ 設定6確定

BIG終了画面による設定示唆

■エウレカ ⇒ 設定1否定

■ムーンドギー&ギジェット ⇒ 設定2否定

■ウィル&マーサ ⇒ 設定3否定

■アゲハ隊 ⇒ 設定4否定

■アクセル ⇒ 設定4以上確定

■サクヤ ⇒ 設定6確定

REG中のキャラ紹介による設定示唆

REGの前半パートとなる20G間は、キャラ紹介によって設定示唆が行われる。
キャラ紹介は、一度のREGで4回発生。

出現キャラ
設定示唆内容
「エウレカ」
「アネモネ」
設定1否定
「ムーンドギー」
「ギジェット」
設定2否定
「タルホ(ショートヘア)」
設定3否定
「アゲハ少年隊」
設定4否定
「ガリバー」
「ノルブ」
「グレッグ」
「デッカード」
「ウィル&マーサ」
「アクセル」
「ニルヴァーシュ type ZERO」
「ニルヴァーシュ type theENDspec2」
設定4以上確定
「DJグリーン」
「ニルヴァーシュ type ZERO spec2」
設定5以上確定
「サクヤ」
「ダイアン」
「アドロック」
「ニルヴァーシュ type ZERO spec3」
設定6確定

目次へ戻る

連打スケジュール