≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

機種概要

■導入日 : 2019年1月7日
■メーカー : 三洋物産

筺体 リール配列

(C)車田正美・東映アニメーション
(C)SANYO

 


 

■AT特化タイプ
■前作「聖闘士星矢 海皇覚醒」が6号機となって登場
■仕様やゲーム性はほぼ前作を踏襲
■新たな自力CZとして、「不撓不屈ゾーン」が加わった
■「レア役」・「小宇宙ポイント」・「ゲーム数消化」という3種類の契機から「海将軍激闘」を目指す
■「海将軍激闘」でのバトルを最大3回突破すればAT突入
■AT「聖闘士ラッシュ」は継続率&バトルストックタイプで、1セット20G~100G+α継続、純増枚数は約2.8枚/G
■一度のATでの獲得期待枚数は約1400枚!(設定1)

目次へ戻る

天井/設定変更/有利区間/ヤメ時

天井

ジェネラルバトルもATも引かずに最大736G消化すると天井到達となり、ジェネラルバトルに当選する。

設定変更時

天井ゲーム数がリセットされる。

有利区間

有利区間中は、PAY OUT表示部分の右下に「.(ドット)」が表示される。
なお有利区間移行時には、滞在状態やモード、初期の小宇宙ポイントなど、様々な抽選が行われる。

有利区間への移行契機は、主に「ジェネラルバトル終了時」と「AT終了時」。

ヤメ時

●ジェネラルバトル後/AT終了後
10~20Gほど回して、演出がおとなしいようならばヤメてOK。

目次へ戻る

ボーナス出現率/機械割

設定
ジェネラルバトル
AT初当たり
1
1/523.6
1/1748.0
2
作成中
作成中
3
4
5
6
1/217.8
1/288.2
設定
機械割
1
97.7%
2
98.9%
3
100.6%
4
103.7%
5
105.0%
6
107.1%

目次へ戻る

通常時の打ち方/AT中の打ち方

通常時の打ち方

まず左リール枠上or上段に白BARを狙う。
以降は、左リールの停止形によって打ち分ける。

==中段にチェリーが停止した場合==
中段チェリー。
中・右リールに白BARを狙えば揃う。(特に狙う必要はない)

==上段にチェリーが停止した場合==
弱チェリー or 強チェリー。
中・右リールは適当打ちでOK。
右リール中段に赤7 or 白BAR or ブランク図柄が停止すれば強チェリー。
それ以外ならば弱チェリー。

==下段にスイカが停止した場合==
スイカ or チャンス目 or 特殊役。
右リール適当打ち後、中リールに赤7を狙う。
スイカが下段にテンパイしてハズレればチャンス目。
スイカが小山型に停止すれば特殊役。

==上段に白BARが停止した場合==
中・右リールともに適当打ちでOK。
中段に「リプレイ・リプレイ・ベル」が揃えばチャンス目。
中段に「リプレイ・リプレイ・チェリー」が揃えば特殊役。

AT中の打ち方

押し順ナビ発生時はそれに従う。
演出発生時は、通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。
その他の場合は適当打ちでOK。

目次へ戻る

小役確率

設定
共通ベル
チャンス目
全設定共通
1/63.0
1/266.4
設定
弱チェリー
強チェリー
1
1/65.5
1/327.7
2
1/62.4
3
1/59.6
4
1/57.0
5
1/54.6
6
1/51.2
設定
スイカ
特殊役
1
1/81.9
1/65536.0
2
1/80.9
3
1/79.9
4
1/79.0
5
1/78.0
6
1/77.1

目次へ戻る

通常時のモード

通常時には5つのモードが存在。
モードによって、「規定ゲーム数振り分け」と「天井到達までのゲーム数」などが異なる。

各モードの天井については以下の通り。

●通常モード : 736G

●天国準備モード : 536G

●海底モード : 736G

●SPモード : 536G

●天国モード : 136G

目次へ戻る

通常時の液晶ステージ

各液晶ステージの意味

通常時のステージは「五老峰ステージ」・「アンドロメダ島ステージ」・「東シベリアステージ」が存在。

その他に、高確示唆ステージとして「火時計前ステージ」・「十二宮ステージ」・「女神像ステージ」が存在。

●火時計前ステージ : 高確率 or 前兆示唆

●十二宮ステージ : 前兆示唆

●女神像ステージ : AT前兆示唆

AT当選までの流れ

通常時は、「小宇宙ポイント」・「レア役」・「ゲーム数」により、「海将軍激闘(ジェネラルバトル)」を抽選。
ジェネラルバトルを最大3回突破すれば、AT「聖闘士ラッシュ」へ突入する。

目次へ戻る

通常時の状態(小宇宙チャージの抽選状態)

概要

通常時には「低確」・「高確」が存在。
滞在状態は、小宇宙ポイント獲得ゾーン「小宇宙チャージ」の当選率に影響を与える。

高確への昇格契機

●有利区間移行時の25%
※ジェネラルバトル終了時やAT終了時など

●小宇宙チャージ終了時の20%

低確への転落契機

高確滞在中の「リプレイ」・「ベル」・「ハズレ」時の7.8%で低確へ転落する。

状態別の小宇宙チャージ抽選

●低確中 : スイカ成立時の33.9%で当選

●高確中 : スイカ成立時の33.9%で当選&その他の小役成立時の3.1%で当選

目次へ戻る

小宇宙ポイント獲得ゾーン「小宇宙チャージ」

概要

「小宇宙チャージ」は、5~15G継続の小宇宙ポイント獲得特化ゾーン。
消化中は、成立役に応じてポイント獲得抽選が行われる。

小宇宙チャージ突入抽選

●低確中
スイカ成立時の33.9%で当選する。

●高確中
スイカ成立時の33.9%で当選し、かつ、その他の小役成立時の3.1%でも当選する。

小宇宙チャージ継続ゲーム数振り分け

小宇宙チャージは5G or 10G or 15G継続となるが、ほとんどの場合が5G継続。
振り分けについては以下の通り。

●5G : 94.5%

●10G : 4.7%

●15G : 0.8%

小宇宙チャージ中

小宇宙チャージ消化中は、毎ゲーム20ポイント以上の小宇宙ポイントを獲得できる。
成立役に応じたポイント獲得率は以下の通り。

小宇宙ポイント
ハズレ
リプレイ
20
81.4%
30
7.8%
89.4%
50
6.2%
6.7%
100
3.1%
2.3%
200
0.2%
0.2%
300
0.6%
0.6%
500
0.2%
0.2%
700
0.4%
0.6%
小宇宙ポイント
共通ベル
弱チェリー/スイカ
20
30
50
91.5%
100
2.3%
77.9%
200
2.3%
13.7%
300
2.3%
6.8%
500
0.8%
0.8%
700
0.8%
0.8%
小宇宙ポイント
強チェリー/チャンス目
20
30
50
100
200
90.5%
300
7.9%
500
0.8%
700
0.8%

目次へ戻る

通常時の小宇宙ポイント獲得抽選

通常時の小宇宙ポイント獲得抽選

通常時は、成立役に応じて小宇宙ポイント獲得抽選が行なわれる。
成立役別のポイント当選率は以下の通り。

●ハズレ : 8.0%

●リプレイ : 14.5%

●共通ベル/弱チェリー/スイカ : 100%

小宇宙ポイント当選時の獲得ポイント振り分け

小宇宙ポイント
ハズレ
リプレイ
10
80.0%
89.0%
20
10.0%
5.5%
30
50
10.0%
5.5%
100
小宇宙ポイント
共通ベル
弱チェリー/スイカ
10
87.2%
20
6.4%
84.4%
30
7.8%
50
6.4%
5.2%
100
2.6%

目次へ戻る

通常時のAT直撃抽選

通常時は、成立役に応じてAT直撃抽選が行われている。(特殊役はAT直撃確定)
SPモード・天国モード滞在中は、AT直撃のチャンス!

なお、液晶ステージが「女神像ステージ」へ移行すればAT直撃抽選に当選した可能性が高いので、大いに期待してOK。

目次へ戻る

ジェネラルバトル(海将軍激闘)

概要

ジェネラルバトルとは、最大3回のバトルを突破すればAT確定となるチャンスゾーン。
純増枚数は約2.8枚/Gで、10G継続+バトルとなる。

ジェネラルバトル突入契機

●レア小役成立時の抽選に当選

●小宇宙ポイントが1000ポイントに到達

●規定ゲーム数消化

対戦相手による勝利期待度

対戦相手によって、勝利期待度が異なる。
期待度は「ソレント < クリシュナ < バイアン < アイザック < イオ < カノン」の順。

バトル敗北時

バトルに敗北しても、それまでに貯まっている不屈ポイントを参照して「不撓不屈ゾーン」への突入抽選が行われる。
不撓不屈ゾーンは自力チャンスゾーンとなっており、レア小役成立でAT抽選が行われる。

目次へ戻る

AT「聖闘士ラッシュ」

概要

AT「聖闘士ラッシュ」は、1セット20G~100G+α継続、純増枚数約2.8枚/G。
セット数管理タイプで、消化中はATストック抽選が行われる。

AT当選契機

●ジェネラルバトル中のAT抽選に当選

●中段チェリー or 特殊役成立

●通常時のAT直撃抽選に当選

AT開始時

AT開始時はまず、「天馬覚醒」or「女神覚醒」のいずれかの初期ストック数決定ゾーンへ突入。
どちらも12G継続のSTタイプ。
赤7揃いでATストック&ゲーム数巻き戻しとなる。

天馬覚醒と女神覚醒の最大の違いは、「平均ストック数」。
女神覚醒ならば、天馬覚醒の約2.5倍ものストックが期待できる。

AT中の液晶ステージ

AT中に滞在する液晶ステージによって、ATの継続期待度が示唆されている。
期待度は「海底渓谷 < 闘技場跡 < 海底回廊 < 大海の柱」の順。

継続バトル

ATゲーム数がゼロになると、継続を懸けたバトル演出がスタート。

青銅聖闘士(ブロンズセイント)が攻撃すればAT継続確定。
海将軍(ジェネラル)が攻撃しても、その攻撃をよけるか耐えるかすれば継続確定。

敵の攻撃を受けて倒れてしまうとAT終了。

なお、味方キャラや対戦相手によって勝利期待度が異なる。
各期待度は以下の通り。

●味方キャラ
瞬 < 氷河 < 紫龍 < 星矢 < 一輝

●対戦相手
ソレント < クリシュナ < バイアン < アイザック < イオ < カノン

目次へ戻る

スペシャルバトル「黄金VS海将軍激闘」

概要

スペシャルバトル「黄金VS海将軍激闘」は、突入すれば複数セット継続の大チャンスとなるAT。
バトルに勝利する限り、ATストックを消費することなく継続していく。

バトル敗北時は、通常のAT「聖闘士ラッシュ」へ戻る。

突入契機

●AT中のレア小役の一部

●継続バトル勝利時の一部

出現する黄金聖闘士の種類

どの黄金聖闘士が出現するかによって、スペシャルバトル継続期待度が異なる。
ムウ・シャカ・サガの誰かが出現すれば、大連チャンの期待大!

各タイプごとの黄金聖闘士の期待度は以下の通り。

●スピードタイプ
ミロ < アイオリア < ムウ

●バランスタイプ
アフロディーテ < カミュ < シャカ

●パワータイプ
アルデバラン < シュラ < サガ

●波乱
デスマスク

目次へ戻る

プレミアムバトル「千日戦争」・「海皇激闘」

どちらも、AT継続期待度70%以上を誇るプレミアムバトル。
「サジタリアス星矢 VS ポセイドン」のバトルが繰り広げられる。

星矢が勝利して継続するごとに継続率アップ抽選が行なわれ、最大99%まで昇格する。

●千日戦争
ロングフリーズから突入。

●海皇激闘
ATが12連を突破すると突入。

目次へ戻る

不屈ポイント

不屈ポイントについて

不屈ポイントとはプレイヤーに不利な状況や、嫌な事があった場合に貯まっていくポイント。
ポイントは内部で蓄積されていき、50ポイント貯まった状態でジェネラルバトルに当選すると、その時点でAT突入確定となる。

液晶での不屈ポイント示唆

不屈ポイント獲得時は、液晶右部分にて青いフラッシュ演出が発生。
派手なフラッシュが発生するほど、獲得する不屈ポイントも多い。

目次へ戻る

設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い

とにかく、「AT初当たり」の確率が段違い。
まずは、その確率について。

設定
ジェネラルバトル
AT初当たり
1
1/523.6
1/1748.0
6
1/217.8
1/288.2

上記の通り、設定1はAT初当たりまでの道のりがかなり険しいが、設定6はかなり軽い。

設定1と設定6の挙動をざっくり解説すると、、、

●設定1
初当たりが果てしなく重いが、一度ATに入ってしまえば期待値1400枚という超破格な爆裂仕様。

●設定6
サクサクと初当たりを手に出来るが、一撃が伸びることはほとんどない。 ノーマルの高設定のような挙動になる。

・・・という感じ。

単純にAT初当たりが多いほど高設定の可能性が高まるので、勝つための立ち回りとしては、初当たりの多さを重視すべき。

ただ、「一撃の夢を追いたい」という方は、あえて「全然当たっていない」という設定1丸出しな台にチャレンジするのもアリだが・・・

目次へ戻る

高設定確定演出/設定示唆演出

小宇宙ビジョンによる設定示唆

通常時は、液晶左下にある小宇宙ビジョンによって「状態」や「成立小役」などを示唆している。
この小宇宙ビジョンに、以下が出現すれば高設定確定。

●サメ座 ⇒ 設定4以上確定

●エビ座 ⇒ 設定5以上確定

●アンコウ座 ⇒ 設定6確定

ジェネラルバトル終了画面/AT終了画面による設定示唆

ジェネラルバトル終了画面、もしくはAT終了画面にて、以下の画面が出現すれば高設定確定。

●シャイナ&貴鬼&テティス ⇒ 設定4以上確定

●ブロンズ聖闘士5人&沙織 ⇒ 設定6確定

ジェネラルバトルのラウンド画面による設定示唆

●バイアン ⇒ 設定2以外が濃厚

●アイザック ⇒ 設定3以外が濃厚

●イオ ⇒ 設定2以上濃厚

●カノン ⇒ 設定5以上確定

目次へ戻る




■FXブログもやってます【運営歴10年超えの姉妹ブログ】 5万円から始めるFX

スロットとFXは共通点が多く、「スロットからFXへ移行した」なんて人もいるほど。

こちらのページでは、5万円からFXを始めるためのコツや立ち回りについて、ど素人でも分かるよう徹底解説しています。

⇒5万円からはじめるFX