≪限定情報アリ!連打公式LINE≫
友だち追加

 

CTザクザク七福神
解析・打ち方・攻略・スペック・天井・設定変更情報など

 

 

 

CTザクザク七福神 目次

 

 

 

 

 

機種概要

■導入日 : 2019年3月
■メーカー : 山佐

筺体 リール配列
≪作成中≫ ≪作成中≫

(C)YAMASA

 


 

■A+CTタイプ
■懐かしのCT機が6号機で復活
■ボーナスは2種類で、最大純増150枚のBIGと、純増約40枚のREG
■BIGは50%以上でCT突入
■CTは「ベルが4回揃う」or「規定ゲーム数消化」で終了、規定ゲーム数は最大100G
■CT中のボーナスならばCT継続
■CT中はベルハズシによって延命を図り77G継続を目指す、77G継続達成でご褒美として23Gのハズシ不要のCTへ突入

目次へ戻る

 

天井/設定変更/ヤメ時

【天井】
≪作成中≫

 


 

【設定変更時】
≪作成中≫

 


 

【ヤメ時】
≪作成中≫

目次へ戻る

 

ボーナス出現率/機械割

≪作成中≫

目次へ戻る

 

通常時の打ち方/ボーナス中の打ち方/CT中の打ち方

【通常時の打ち方】
≪作成中≫

 


 

【ボーナス中の打ち方】
●BIG中
基本的には適当打ちでOK。
予告音発生時は、中リール中段に青7をビタ押し。
中リールに止まった7図柄と同じ7図柄を、左・右リール中段に狙う。
ビタに失敗した場合は、左リールに赤7か青7を狙い、2択に正解していれば左リール中段に7図柄が停止する。

●REG中
毎ゲーム左リールにBARを狙い、中・右リールは適当打ちでOK。

 


 

【CT中の打ち方】
予告音+順押しナビ発生時は、順押し適当打ちでベルを獲得。

ベルを3回獲得した後は「維持区間」へ移行し、ベルハズシを実践。
予告音+逆押しナビ発生時は、右・中リールと適当打ちした後、左リール中段or下段に赤7を狙う。
赤が7が下段に停止すれば目押し成功となり、CTが継続。

この手順を繰り返し、77G継続を目指す。

無事に77G継続すれば、ご褒美として、ハズシ要らずの23GのCTが追加される。

目次へ戻る

 

ボーナスについて

【BIG】
赤7揃い、青7揃い。
純増枚数は最大で150枚。

終了後は、50%以上でCTに突入する。

 


 

【REG】
104枚獲得できるボーナスで「赤7・赤7・BAR」と「青7・青7・BAR」の2種類が存在。
消化中の技術介入要素はなし。

目次へ戻る

 

CTについて

【概要】
CTとは、簡単に言ってしまえば、「目押しを駆使することでコインを減らさずにボーナス抽選を受けられる区間」のこと。

 


 

【継続ゲーム数】
最初は77G継続からスタート。
ベルハズシを駆使して77G完走に成功すると、ご褒美としてハズシ不要な23Gが与えられ、最大で100G継続となる。

なおCT中にボーナスが成立した場合は、ボーナス終了後にCTが再開される。

 


 

【CT終了契機】
●ベル揃いを4回獲得
●規定ゲーム数消化(最大100G)

 


 

【保証区間と維持区間】
CTには「保証区間」と「維持区間」が存在。

保証区間とは、ベルを3回獲得するまでの区間。
名前の通り、この区間では何がどうなろうがCTは終わらない。

維持区間とは、ベルを3回獲得した後に移行する区間。
ベルを4回獲得してしまうとCT終了となるので、維持区間中はベルハズシを行なわなければならない。(ただし、ハズしても9枚の払い出しはある)
ハズシを失敗すると、そこでCTは終わってしまう。

 


 

【CT中の打ち方】
予告音+順押しナビ発生時は、順押し適当打ちでベルを獲得。

ベルを3回獲得した後は「維持区間」へ移行し、ベルハズシを実践。
予告音+逆押しナビ発生時は、右・中リールと適当打ちした後、左リール中段or下段に赤7を狙う。
赤が7が下段に停止すれば目押し成功となり、CTが継続。

この手順を繰り返し、77G継続を目指す。

無事に77G継続すれば、ご褒美として、ハズシ要らずの23GのCTが追加される。

目次へ戻る

 

目押し力に応じたCT中の打ち分け方(保険ハズシ)

【概要】
自分の目押し技術に応じて、「保険ハズシ」を活用しよう。

保険ハズシとは、ベル3回獲得前からベルハズシを行なうこと。

保険ハズシを行なうことで、「目押し失敗で即CT終了」となってしまう維持区間への移行を遅らせることができる。
ただし、デメリットもあるので要注意。(詳細は後述)

 


 

【2コマ目押しに自信がない場合】
保証区間中、ベルを2回獲得したあたりでベルハズシ(保険ハズシ)を行なって保証区間の滞在ゲーム数を増やす、という手もある。
こうすることで、維持区間滞在ゲーム数を減らすことができ、「維持区間中の目押し失敗により早めにCTが終了してしまう」というリスクが軽減される。

手順は、順押しナビが発生した場合に逆押しでベルハズシを行なうだけ。

ただしデメリットとして、維持区間に移行できないまま保証区間77Gが終了してしまい、ご褒美である23Gがもらえないリスクが高まってしまう。
※77G消化時に維持区間にいないと、追加の23Gはもらえない

どこで保険ハズシをやめるか、という見極めも大事になってくる。
あまり保証区間を引っ張り過ぎてしまうと、77G終了の可能性が高くなってしまう。

 


 

【2コマ目押しに自信がある場合】
2コマ目押しならほぼほぼイケる、という場合はこちらがオススメ。

保証区間中に保険ハズシは一切行わず、順押しナビ発生時は毎回それに従い、最短で維持区間まで移行させる。
あとは、逆押しナビが入るたびに慎重にベルハズシを行なっていくだけ。

目押しミスによってCTが終了してしまうリスクもあるが、ご褒美である23Gがもらえる可能性が高くなるので、基本的にはこの打ち方がよいだろう。

目次へ戻る

 

設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い

≪作成中≫

目次へ戻る

 

高設定確定演出/設定示唆演出

≪作成中≫

目次へ戻る